Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウノ君、9歳になりました☆

Posted by うのまま on 08.2016 バースデー☆   3 comments   0 trackback
大変ご無沙汰してしまっています!
昨年の8月ぶりの更新です。


お陰さまでウノ君も皆元気にしております。
ハードドライブを交換してからというもの、キーボードで打った日本語の文字が飛びまくり、大変使いずらくなっています。
そんなことがきっかけとなり、遠のいてしまっていたのでした。
現在も同じ状況なので、文章はみじかくなるかと思われます。


そうそう、今月1日はウノ君の9歳のバースデーでした☆
元気にお誕生日を迎えられ幸せです!

080316



9歳になったウノ君
これといった変化はあまり出ていませんが、ソファーなどの高いところに飛び乗るのが億劫になってきている様子。
ジャンプして飛び乗ったりしていますが、ときにソファーの下で、「抱っこして乗っけて!」と目でアピールしていることも
あります。



他には、お散歩の帰り道、「抱っこでもいいよ」とでも言っているかのように立ち止まることもあります。
これはウノ君がまだ小さいころ、疲れてくると同じようなことをしていたので、そのころのことを思い出し、帰り道は抱っこで
帰ってくることもたまにあります。
まぁ、体力の衰えは年齢的なもので仕方がありませんからね。



最近のウノ君の変化で嬉しいこともありますよ。
2年前だったかな、小型犬2匹にケンジントン ガーデンズで襲われたことがあったのですが、覚えていらっしゃいますか?
それが原因だったのか、ウノ君、自分から公園に行きたいと言わなく(脚が運ばなく)なったのです。
たまに行くこともありましたが、それを境にめっきり回数が減っていたのです。
本人が気が進まないものを無理やり連れて行く意味もないので、ウノ君の意思に任せていたところ、最近になって公園散歩を
楽しんでくれるようになって来たのです。

080316



1週間に1、2回は公園に入ってお散歩しています。
それまでは、もっぱらご近所散歩。公園が目の前にあるのに、公園の外側を歩く散歩です。



先日も公園でビションちゃんと遊んだり、幼馴染のトビー君と一緒に歩いたり、公園散歩を満喫したウノ君

080316



公園に脚が向くのは、もうひとつ訳がありそうです。
公園内に新しくワンコ フレンドリーなピッツェリア&カフェがオープンしたのです。

080316



早速ウノ君と出かけたのですが、ウノ君とっても嬉しそう。
店内でぬくぬくと寛いでいます。

080316



これも公園散歩再開のきっかけに一役買ってくれているのでは無いかと睨んでいます。



3月に入り日も長くなりウノ君とのお散歩がより楽しめる季節になって来ていますよ。



お散歩日記、のんびりながら綴っていこうと思っています☆



クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
スポンサーサイト

うちの子記念日☆

Posted by うのまま on 03.2015 バースデー☆   6 comments   0 trackback
新緑が美しい季節になってきたロンドン。
最高気温は20℃、最低気温が12℃です。



プリンセス誕生で祝福ムードの英国。
昨日うのままは朝ニュースを見ずに出かけていたので、プリンセスの誕生を知ったのは午後のこと。
ケンジントン宮殿前のダイアナ カフェに飾られたピンクと白の風船でプリンセスの誕生を知ったのです。
病院からケンジントン宮殿に戻ってくるであろうプリンセスとキャサリン妃らをカメラに収めようと
報道陣も多く集まっていました。



さて、昨日5月2日はウノ君ファミリーにとっても特別な日なのです。
ウノ君のうちの子記念日。
今回の記事はウノ君が来てから18ヶ月頃までのお話。(長文です、あしからず)

030515



ウノ君を迎えた日もお天気に恵まれ、半袖で過ごせるほどでした。
小さなウノ君、車に乗せて連れて来たので緊張していたのでしょう、おうちに着くと用意したベッドの中で
丸くなって一休み。
ベッドはキッチンの一角のタイル張りの場所に設置。
トイレをしても掃除が楽なようにタイル張りの場所をウノ君の寝床にしたのです。



ところがしばらくして目が覚めると、今度はひとりぼっちだと気付き寂しくなったのか、クーンクーンと
鳴きはじめました。
うのまま達はキッチンから離れたリビングルームにいたので、ウノ君は誰も居ない場所にいるのが寂しくて
鳴いていたのです。
それからはなるべくひとりにしないよう、人間のいる場所にウノ君が居られるようにしたのです。



ただトイレの場所はタイル張りの場所にしていたので、トイレの度に人間がその場所まで連れて
行っていました。
来たばかりの小さなウノ君は、2,3段くらいの階段であっても昇降は出来ません。
リビングからトイレの場所に行くには、3段の階段を下りなくてはいけないのです。
そんな事情からうのままが毎回トイレに連れて行っていたのですがウノ君のトイレのタイミングを掴めず
失敗をさせてしまうことが何度かありました。



さてクーンクーン鳴きはというと、寂しがり屋で甘えん坊のウノ君のこと、しばらく続きました。
どういう状況で寂しくなってしまうかというと、うのままのバスタイム。
お風呂に居る間、シャワーの間でもひとりで居られないのです。
うのままがバスルームに居る間はずっと寂しそうにクーンクーンと鳴き続けるウノ君
ひとりになると鳴き続けるコになったらどうしたものか、と思ったものの、親と離れるのが嫌で泣き続ける子供が
いない様に、ウノ君もいつまでも鳴き続けるはずは無いと考え、とことんウノ君が安心して過ごせるように
したのです。



うのままがバスルームに居る間もウノ君をバスルームに入れ、中に居ることで安心していられるなら
10分でも20分でも好きなだけいられるようにしていました。



面白いのが、バスルームは蒸気でウノ君にとって不快であることに自ら気づき、入って来てもしばらくすると
自ら退室するようになって来たのです。
そしていつの間にかバスルームの外に居てもクーンクーンと鳴かずに居られるようになっていたのです。

030515



クーンクーン鳴きを克服したウノ君、階段の方も2週間くらいすると上れるようになって、
3,4週間後には階段を下りれるようになっていました。
階段の上りは教えなくても自分で学んでいたけれど、降りるのはどうしても怖かったのか、
なかなか出来るようになりませんでした。
階段の下で声を掛けても、前脚を少し浮かせてみるものの、一歩が踏み出せないのです。



困っていたウノ君、そうしているところに、うのぱぱがやって来ました。
ウノ君のそばへ行き、体を支えながら、前脚を持ち、階段の降り方をひとつひとつ教えてあげているのです。
それからというもの、階段が怖く無くなったかのように、一段一段時間を掛けながらも降りてこられるように
なったのです。



階段の昇降が出来るようになった頃には、いたずらも出来るくらいうのままたちに慣れて来ていました。
プランターの土を掘り返して家の中を土だらけにしたり、観葉植物の葉っぱをすべてむしり取ったり、
革靴、財布、ベルトに雑誌、噛み心地の良さそうなものは嚙んで感触を楽しんでいたようです。

030515



家の中のいたずらに退屈し始めた頃、お散歩デビューをしたウノ君
初めての匂い、初めての感触、全て見るもの、聞くものが新鮮。
でもやっぱりちょっと緊張気味。



家から公園までは交通量の多い大通りを歩くので、ウノ君は抱っこかバッグの中。
公園でのウノ君、ちょっと歩いてみるものの、どうしたらいいのか戸惑っている様子。
ちょこちょこと歩き始め、においを嗅いだりするのですが、おしっこもう○ちも出ないのです。
いくら外に居てもトイレはせず、家のトイレで出掛ける前と後にするのです。
そういう状態が1週間ほど続きましたが、その後はマーキング王と化し、匂い嗅ぎとマーキングの
楽しみを知ったのです。



それからは自信がついて来たのか、お散歩でもひとりでどんどん歩くように。
好奇心も旺盛で、他の犬達のグループを見つけては駆け寄り、うのままが呼んでも帰って来ません!
完全無視。
公園内ではオフリードのウノ君。彼がかなり先を歩き、うのままが後を付いていくのが日常。
常連さんに、「ウノ君50メートルくらい先を歩いていたよ」と教えてもらったりすることも。
飼い主さんのそばを歩いて行くコたちを見ては、ウノ君がこんな風に歩くことができるのだろうか?と
何度思ったことか。
そのたびに常連さんが、どんなコでも出来るようになるから大丈夫と励ましてくれたっけ。

030515




生後10ヶ月になって初めてのトレーニング教室。
ウノ君と週一で通いました。
イギリスではどんなことをするのだろう、犬や飼い主に何を求めているのだろうと興味があったのです。
最初のレッスンは確か引っ張らないで歩く練習。
ウノ君、壁のある方に引っ張るので真っ直ぐ歩けません。
教室内で歩く練習をしたのですが、他のコ達のことが気になって、練習どころではないのです。
先生がレクチャーをするときも、他のコは飼い主の座る椅子の横下で伏せをしているのですが、
ウノ君は、「ママ抱っこ」と言って膝の上でお座りしてご機嫌にしていました。



レッスンに出掛けても出来ることの方が少ないウノ君でしたが、出掛けることは楽しかったようで
始終笑顔でいました。
先生も「ウノ君はまだ何も出来ないけれど楽しそうだからいいわ」と言っていたなぁ。
そんな感じでほとんど何も出来ないままトレーニングコースは終了したのです。



ウノ君との課題は、全てウノ君の安全のためですが、道路を歩くとき引っ張らないで歩くこと、
オフリードで歩くとき呼んだら戻ってくること、例えばピクニックをしているグループにも乱入しないことが
主な課題。



それぞれの課題をクリアーするために、日々試行錯誤し、なぜウノ君は引っ張るのか、呼んでも
戻って来ないのかと理由を考えウノ君を観察することから始めました。
そうしているうちに、なぜウノ君がそうするのか見えるようになって来たのです。

030515




ウノ君が道路を歩くとき壁際に引っ張るのは、人間が自分のそばを歩くのが怖かったから。
人間の足を避けるため、安全な壁際を歩くことにしていたのです。
呼んでも戻ってこなかったのは、うのままの呼ぶタイミングが悪かったのが要因。
気になった犬や匂いに向かってしまってからでは遅いのです。
ウノ君が対象物を見つける前、最悪でも同時にウノ君に声を掛ければよかっただけのこと。



課題に取り組むようになってから数ヶ月、生後18ヶ月頃には道路も怖がらずに歩けるようになり
オフリードのお散歩でもウノ君が50メートル先を歩くことも無くなり、いつの間にか、常連さんに
ウノ君はいつもママのそばに居るわね」と言われるようになっていました。
いつの間にやら、周りのコみたいに何も言わなくても指示しなくても自然と飼い主のそばを
歩くコになっていました。

030515



8回目のうちの子記念日、ウノ君がうちに来てからのことが昨日のことのように思い出せます。
いろんなことがあったけれど、それが大変だったとか、嫌だったとか思うことはありません。
むしろその状況を楽しみ、ウノ君に振り回されるのが幸せに感じてしまうほどの親バカぶり。
これからも、もっといろんなことがあるだろうけれどウノ君に振り回され、楽しくやっていこうと思っている
うのままです。



クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ



































ウノ君、7歳になりました☆

Posted by うのまま on 16.2014 バースデー☆   26 comments   0 trackback
ロンドンは快晴!
最高気温は19℃、最低が7℃。



しばらくブログから遠ざかっていましたが、ウノ君も皆元気です。

160314




3月になってからお天気が良い日が多く、園内は美しい花々が彩り、ピクニックや日光浴を
楽しむ人々で賑わっています。

160314




3月1日まで遡りますが、この日、ウノ君は7歳になりました。
ウノ君に出会ったのが2007年の5月1日、ブリーダーさんのお家に最後まで残っていたのがウノ君
最後の一匹。
何かと数字の1に縁があるので、ウノ君の名前は、何の迷いもなくウノとなったのです。
数字の1のウノだけれど、ウノ君うのままたちにとっていつでも一番。
何をしていても、どんな表情を見せても、全てが愛しい。



7歳になったウノ君
6歳の年はウノ君にとってもうのままにとってもチャレンジの一年でした。

160314




うのままが本格的に仕事に復帰したこともあり、ウノ君うのぱぱと過ごす時間が増えました。
ウノ君ひとりのお留守番時間は、1週間のうち4日、1時間半から2時間。
この程度なら寂しがり屋のウノ君でも大丈夫。
うのままと離れる時間があることでよい変化も見られるようになりました。
これはどちらかというと変化があったのはうのぱぱです。




うのぱぱウノ君、ふたりだけの時間が増えたことで、今までよりも距離が近くなっています。
うのままが居ないと、ウノ君うのぱぱのそばにくっついている様子。
うのままが居るとウノ君はいつでもうのままの近くに居るので、うのぱぱにとったらウノ君がそばに
寄ってきてくれることが新鮮で嬉しいみたい。
以前よりウノ君に対しての愛情が深くなっているように感じます。

160314




そうは言ってもお散歩は毎日うのままと出かけるウノ君
うのぱぱウノ君と出かけることもあったのですが、一人だとどうも落ち着かないようなのです、
うのぱぱが。



うのぱぱウノ君とお散歩に出掛けるとき、ポケットに沢山のおやつを詰めて出かけていきます。
ウノ君うのぱぱから離れることはないと思うのに、うのぱぱウノ君の普段の行動を把握して
いないから不安なのでしょう。



ウノ君にしたら、うのぱぱのお散歩は美味しいものがいっぱい貰えて嬉しい反面、
呼ばれなくてもいいようなところで名前を呼ばれたりして、ウノ君もうのぱぱ同様、
リラックス出来ていないかもしれません。



お散歩の楽しみをまだ知らないうのぱぱですが、これはある意味好都合。
あえてうのぱぱにお散歩をすすめたりしていません。
もし行きたいの日があればどうぞ♪という感じです。
お散歩はウノ君同様、うのままの楽しみなのですから♪

160314




ウノ君と毎日お散歩できることに感謝!
朝のお散歩は一日の活力となり、夜のお散歩はその日の疲れを癒してくれます。
ウノ君は来年シニア犬と呼ばれるようになる8歳を迎えます。
お散歩の距離や時間、歩く速度など少しずつ変化が現れてくることもあるだろうけれど
ウノ君の様子を見ながら、これからもウノ君がリラックスして楽しいって感じてくるようなお散歩が
出来るといいな。

160314




ウノ君、7歳のお誕生日おめでとう!!





クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ









  

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。