Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩で迷子にさせない☆

Posted by うのまま on 11.2013 レスキュー   8 comments   0 trackback
ロンドンは雨。
最高気温は4℃、最低が3℃。



先日公園で迷子になってしまったポメちゃん、翌日ドッグ コントロールのオフィサーに
電話確認したところ、保護した日にオーナーさんが現れ無事に家族と合流することが出来たと
のことです♪♪
ご心配くださった皆様ありがとうございました!
詳しい理由などは分かりませんが、公園ではたまにこのように迷子になってしまうワンコが居ます。

100213




本日の写真は、ポメちゃんを保護した日に撮影したものです。

100213




公園にはドッグウォーカーさんも沢山来ています。
区で発行するドッグウォーカーライセンスの保持者は6匹まで一緒に連れて歩くことが出来るのですが、
ベテランのドッグウォーカーさんであっても稀に連れている犬を見失ってしまうこともあるのです。

100213




殆どの犬達はグループから離れることなく歩くけれど、遊ぶ範囲がやたら広かったり、匂い嗅ぎに夢中
になっていて離れていることに気付かないということもあるのです。

100213




イギリスでドッグウォーカーさんを利用する場合に注意した方が良いことは、まず自分のワンコに
合ったドッグウォーカーさんかどうか自分の目で見て判断すること。
どのようにお散歩させているか、グループにはどのようなタイプのワンコが居るのか等、
実際見てみないと分からないことがあるので。

100213




もしうのままウノ君のためにドッグウォーカーさんを頼むことがあれば、ウノ君と同じタイプの
ワンコが居るドッグウォーカーさんをお願いするでしょう。

100213




ウノ君は活発に駆け回って遊ぶタイプではないので、同じようにのんびり歩きを楽しむコが居る
グループです。
歩くスピードもゆっくりでないとウノ君は楽しんでお散歩が出来ないから。
いつも後ろからゆっくり歩いて付いてくるウノ君をドッグウォーカーさんに「ウノ!早く!ウノ!」
と呼ばれていたらウノ君可哀想だものね。

100213




ドッグウォーカーさんはそれぞれ得意犬種があるので、自分のワンコに合ったドッグウォーカーさんを
見つけるのはそれほど大変なことではないと思います。

080213




あとは人間とワンコとの相性かな☆

100213




さて今回のポメちゃんはドッグウォーカーさんではなくオーナーさんとお散歩していたようですが、
例えばオーナーさんの家族であまりお散歩になれていない場合とか、初めての公園だったとか、
そういった理由でも迷子にさせてしまうこともあるようです。

100213




迷子にさせないため、もしさせてしまっても、すぐに帰って来れるよう事前にしておきたい事。


~首輪にIDタグを装着すること、すぐに連絡できるよう携帯番号を入れる。

~マイクロチップを入れること、万が一首輪が外れてしまった場合でも連絡先が分かるため。 

~慣れない場所、慣れない人が連れている場合、オフリードにする際十分注意する。

~呼び戻しが出来ないのであればオフリードにしない。




迷子になってしまったコに遭遇する度、いつも色々考えさせられます。
お散歩の際は気を緩めず気をつけなくちゃね☆




~おまけ~

gremzの樹、のびのび君が大人の樹へ成長しました!
4本目です。

100213

なぜかうのままが育てているのびのび君は成長するとシンプルな樹になります。
育てている人に良く似てる?!



クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
スポンサーサイト

ポメラニアンちゃんを公園で保護☆

Posted by うのまま on 09.2013 レスキュー   8 comments   0 trackback
ロンドンは晴れ。
最高気温は5℃、最低が1℃。



ウノ君といつもの公園でお散歩です。

080213




スノードロップに続きクロッカスも咲き始めました♪

080213




本日お散歩中、迷子のポメラニアンちゃんを保護しました!
どうやらオーナーさんかドッグウォーカーさんとはぐれてしまった様子。



ウノ君の姿を見てご挨拶に来たポメちゃん。
そのときはまだポメちゃんが迷子になっているとは思わなかったのですが、
しばらく一緒にいてもオーナーさんらしき人は現れないし、どうしたのだろう?と
思いながら様子を見ていたのです。

080213




ウノ君とポメちゃんはごくごく普通に一緒に匂い嗅ぎをしたり一緒に歩いたりして遊んでいます。

080213




ポメちゃんは特に慌てた様子も不安がっている様子も無かったので、ちょっと離れた場所に
オーナーさんが居るものだと思いその場を一度離れました。

080213




ポメちゃんもその後ウノ君の後を付いて来ることも無かったのです。



それでもただなんとなくポメちゃんの周りにオーナーさんらしき人やドッグウォーカーさんが
見えなかったのが気になり、またウノ君と来た道を戻ることにしたのです。

080213




ウノ君も気になっていたのかは分かりませんが、同じ道を歩くことにすんなり同意してくれ
一緒に歩き始めていました。



しばらく歩くと、ウノ君の幼馴染のケアンテリア シスターズに会いました。
彼女達のお友達犬も一緒です。

080213




彼女たちと合流し先ほどの場所まで歩いていくと先ほどのポメちゃん発見。
まだ同じ場所に居たのです。

080213




周辺にボクササイズをしている二人組が居たので、ポメちゃんのオーナーさんか
確かめたのですが、オーナーでは無いとのこと。



丁度そこにドッグウォーカーさんが現れたので彼女にも確認したのですが、やはり彼女の
連れているコでは無いと。



そしてIDタグが付いていないかと思ったのですがそもそもカラーが無いのでタグも無し。



このままひとりにしておくわけには行かないので、ケアンテリアのオーナーさんとお友達のオーナーさん
そしてうのままの3人でポメちゃんを保護しようとするのですが、このポメちゃんなかなか警戒心が強く
簡単に他人に寄っては来ません。
それどころか、人からどんどん離れた場所へ行ってしまうのです。



そんなポメちゃんですが、人に飼われているワンコなので、人から離れすぎると自分からまた
走って近くまで戻ってくるのですよ。
そして人に捕まらない程度の距離を保ち様子を見ているのです。



高さ30cmほどのフェンスのところに上手く行ってくれたポメちゃんを逃げないように
ブロックし、ようやくポメちゃん保護となりました。



抱っこする際、もしかしたら嚙まれるかな?とふと思ったのですが、助けて欲しかった気持ちも
あったのでしょう、全く嫌がらずすんなり抱っこさせてくれました。



抱っこされて気持ちが落ち着いたのか、逃げようとしたりもせずとってもいいコ。
手入れもされていて綺麗なポメちゃん、ひとりで不安だっただろうに、どこか遠くへ行ったりもせず
よく頑張ったね。

080213




さて、このポメちゃん、通常ならパークポリスに連絡し迎えに来てもらうのですが、たまたま
20mほど離れた場所にメトロポリタン ポリスがいたらしく、うのままたちがポメちゃんを
保護している最中に、オフィサーを呼んできてくれた人がいたのです。



事情を説明すると、すぐに公園内のパークポリスのところへ連れて行ってくれることになりました。
ただちょっと笑ってしまったのが、男性のオフィサー、ポメちゃんに以前嚙まれたことがあったらしく
ポメちゃんは抱っこ出来ないと言うのです!
案の定オフィサーは怖がった様子で手を出すので、ポメちゃん鼻にしわを寄せても嚙もうとするのです。
ポメちゃんの首にリードをつけるときもおっかなびっくりなので、うのままが代わって着けてあげたほど。
もう一人の女性のオフィサーもポメちゃんが鼻にしわを寄せるので抱っこをするのを躊躇っていましたが
ポメちゃんを怖がらせないよう女性オフィサーに手渡すと全く問題なし。
おりこうに抱っこされています。



ポメちゃんが苦手なオフィサーでしたが、そのポリスカーには2頭のポリスドッグが同乗しているのだとか!
おそらくジャーマンシェパードだと思うけれど。



ポメちゃんはこうしてオフィサーに抱かれ、パークポリスの元へと去って行きました。
このポメちゃんは今後どうなるのかと言うと、まずパークポリスでマイクロチップが
装着されているかスキャナーで確認後、オーナーさんが現れればすぐに引渡しとなります。
オーナーさんが現れなかったり、マイクロチップが装着されていなかった場合、
バタシードッグス&キャッツホームで保護され、新しい家族を募集することになるでしょう。



イギリスのバタシードッグスホームの場合、小型犬でポメラニアンのような愛玩犬が
レスキューセンターにいる事は殆どありません。
多いのはスタッフィーやそのミックスのような中型犬や大型犬。
このポメちゃんが仮に新しい家族を募集となった場合、おそらくセンターのスタッフ内で
新しい家族が見つかり、公に募集がかかる可能性はかなり低いと思われます。
それだけイギリスでは小型愛玩犬が捨てられることが少ないのです。


 
とっても可愛かったポメちゃん、早くオーナーさんの元へ帰れますように☆



クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ



















札幌市でビション フリーゼの里親さんを探しています!

Posted by うのまま on 21.2012 レスキュー   8 comments   0 trackback


札幌市 動物管理センターにて、ビション フリーゼが保護されています。
センター収容動物情報、譲渡可能犬情報に詳細が掲載されています。
尚、ビションフリーゼの他、ミニチュアダックス、ラブラドール、雑種、ビーグルも里親募集しています。


犬種:ビションフリーゼ
性別:♂
年齢:推定年齢は10歳
体重:7kg
性格:人に慣れていて少し寂しがりやさん


札幌市 動物管理センター → 



*******************************************



にほんブログ村 ビション フリーゼのオーナーさん達のブログを
拝見させていただいていたところ、東京、神奈川でもビション フリーゼの男の子が
里親さんを探しているとのこと!
こちらの方は既に問い合わせが何件か入ってきているようです。



同時期に別の場所でビション フリーゼの男の子が保護されています。
微力ながらもビション君に一日もはやく温かい家族との出会いがあるようにと
願いながら記事にさせていただきました。



札幌で保護されているのは10歳くらいの男の子。
写真のビション君はとても愛らしいやさしい表情です。



東京、神奈川の5~7歳の男の子、ウノ君とほぼ同年齢。
飼い主さんが亡くなられ、親戚の方がセンターに処分として持ち込んだそう。
5~7歳といえば大人犬として落ち着いているであろう、いい年頃です。



どちらのビション君にも時間と労力を惜しまず、愛情をいっぱい注いでくれる家族が見つかりますように。



*加筆します。(21/05)
保護されていた札幌市10歳のビション君、新しい家族が見つかったようです。
記事をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。




クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
  

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。