Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローカード

Posted by うのまま on 14.2009 ロンドンワンコ事情   0 comments
霧雨の中、いつもの公園でのお散歩です。
こういう日は、お散歩に来る人の数もめっきり少なくなります。
といっても、常連さんは、いつもと変らずあちらこちらにおりました。

公園内には、イタリアンカフェとティーテラスがあるのですが、公園のど真ん中にあるティーテラスは
ドッグウォーカーさんやわんちゃんオーナーさん人気の情報交換の場所となっています。

yellow card
08年12月18日撮影

yellow card
08年7月28日撮影 お天気のいい日は賑わいます。


そこに行くと常連さんが誰かどうか居るので立ち寄るのですが、今日はそのテラスのフェンスに
何か黄色い張り紙がされているのを発見。

黄色の紙といえばWarningのサインなので、恐る恐る近寄り読んでみると。。。。。

yellow card

公園内のドッグコントロールに関してのお知らせ。by自治体


つっついに来たかこの公園も。。。。。。byうのまま


変更無し。by自治体


えつ、変更ないんですか。
な~んだ、よかった。byうのまま



なぜ、ドキドキしてしまうかというと、去年国内で相次いでデンジャラスドッグに指定されているタイプのワンコどもが乳幼児を襲って重傷を負わせてしまったり、最悪のケースは、殺してしまったりしたのです。
そうなると、政府や各自治体が動かないわけがなく、一番手っ取り早い方法である、犬はリードにつなぎお散歩させることということになってしますのです。
事件によっては、公園内でおきたのではなく、犬を預けた先であったり、繋いでいた犬が逃げ出した際に幼児を襲ったりしてしまっているので、公園のお散歩とは関係が少ないような気がするのです。
かえって、犬をしっかりお散歩させず、ストレスを溜めさせたままのほうが問題だとうのままは思うのです。
そもそも、デンジャラスドッグに指定されているタイプのワンコは飼育や繁殖などが禁止されているはずなのに、未だにこういった事件が絶えません。


公園に来る殆どのわんちゃんは、人間に対してもわんちゃんに対しても問題がないのに、ごく一部の問題が、社会全体の問題となってしまうのが腑に落ちないのです。


もし、この公園がわんちゃん規制の対象になってしまったら。。。


こんなことが出来なくなってしまう。


例えば、うさちゃんのように公園内を飛び回ったり。

yellow card


えへらえへら笑いながら歩いたり。

yellow card


ウノ君、ボールを拾ってくるゲームはそんなに得意ではないけれど、
今日は頑張って持ってきたね。

yellow card


いつまでも、人間とわんこが上手にコミュニケートできる公園でいて欲しいものです。

yellow card
















スポンサーサイト
  

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

05 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。