Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた獣医さんです!

Posted by うのまま on 25.2010 健康のこと   7 comments
ロンドンは、晴れ時々シャワー。
最高気温は20℃、最低が11℃。

先週の日曜日、嘔吐と下痢の為、緊急動物病院で診てもらったウノ君
その後、金曜日から咳が気になり始め、今日も、まだ少し残っています。
午前3時30頃と午前5時頃、2回咳をしていました。

240810


今朝、かかりつけの獣医さんに電話し、すぐに予約を入れてもらいました。

240810


いつもだったら、ウノ君をバッグに入れ、バスに乗り、獣医さんに行くところですが、
先週緊急動物病院にウノ君をバッグに入れ病院に連れて行って以来、バッグに入ることを少し躊躇するようになってしまったウノ君


余程、注射が痛かったのでしょう。。。。


今日は、『バッグ=痛い』というイメージをこれ以上植えつけさせないよう、バッグに入れずに獣医さんに向かうことにしました。

獣医さんに着き、ウノ君の順番が来るまで待つこと10分ほど。
診察室のドアが開き、獣医さんに呼ばれ、診察室に入ります。
獣医さんに、先週の緊急動物病院で受けた注射のリストを見せながら、治療の話、その後の副作用、そして現在の症状を話しました。
まず、獣医さんの開口一番出た言葉、
「この薬、とっても痛いものなのよね。」と一つの薬を指差して言うのです。
そして、ウノ君に副作用が出た薬に関しては、
「このリストには何ミリ使用したか記載されていないけれど、量が多すぎたのでしょうね。ウノ君にはとても可哀相な事をしてしまったわね。」と。


そして、現在気になる咳。
まず、体温測定。
今回も体温計をお尻の穴に入れるのを嫌がります。
体温は平熱。
聴診器をあて診察し触診でウノ君の反応を診ています。

診察の結果、喉の腫れとそれにともなう痛みがあるようだということです。
心配性のうのままは、ケンネル コフではないのか、または、喉に何か異物が引っかかっているのではないのか、咳の原因は心臓の異常から来るものではないのか、と質問したのですが、その心配は無いという返事がかえってきました。

治療は、炎症を抑える薬と抗生剤で2~3日様子を見るというものです。
またまた、ウノ君2本の注射です。

ウノ君、いつも注射のときは頭も動かさないくらいおりこうさんです。


さて、今日は?


獣医さんが注射の準備に取り掛かり始めてから既に様子が違います。
そして、うのままがいつものように前足を両手で押えます。
獣医さんが首後ろを掴み、針を刺した瞬間、、、、、、。


ウノ君、頭を大きく振り、キャンと鳴いて注射を嫌がりました。
こんなに嫌がるウノ君を見たのは初めてです。


獣医さんも一瞬驚きながら、でも納得したように、
「あぁ、やっぱり。日曜日に受けた注射のせいね。ウノ君あの薬の痛さを覚えているのね。ウノ君嫌なことは決して忘れない子だものね。」と残念そうに言うのです。
かかりつけの獣医さん、今までウノ君が注射嫌いな子にならないよう、打つ薬も考慮してくれていたのに、たった一回の痛みの強い注射のせいで、ウノ君、注射嫌いになってしまったかもしれません。
獣医さんも、とても残念そうです。


そして、再度挑戦です。
今度は、今まで以上にしっかりとウノ君を押さえます。
獣医さんが首後ろを掴み、さぁ、注射です。


1本目、、、、動かず、鳴かず、頑張りました。

2本目、、、、、じっと我慢しているのが分かります。これも頭も動かさず、無事終了。




獣医さん。。。。。



相性ってあるようです。

240810
今日も注射頑張ったよ。」


ウノ君うのままも今まで、かかりつけの獣医さんで問題が無かったので、相性とか考えた事が無かったのですが、他の動物病院に行ってから、相性があるのだと実感したのです。

240810


人や犬により、同じ病院でも印象は全く異なり、どこがいい悪いと言えるものではないと思うのですが、ウノ君うのままにはかかりつけの獣医さんが一番相性がいいようです。
何より、パピー時代からのデータが揃っているし、ウノ君の性格も、体質も分かっていてくれるので、安心感が違います。


ウノ君、獣医さんから帰ってきてから調子も良さそうです。
薬の副作用も今のところ無しです。

240810


ウノ君、このまま咳が治まるといいね。



~おまけ~

ウノ君のかかりつけの獣医さん
Hydro Vet
664a Wandsworth Road
Battersea London
SW8 3JW
020 7738 8668



にほんブログ村 犬ブログ☆ビションフリーゼ☆ランキングと犬☆海外生活のランキングに参加しています。

ウノ君の咳がピタリと止まりますように!!ウノ君、注射よく頑張ったね!!の応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

ウノ君は本当に頭がいいですね。前回打った4本の注射の痛み覚えていたんですね。記事を読んでちょっとじわーっと目が熱くなってしまいました。緊急の時は仕方がないですが、やはりかかりつけの獣医さんが一番なんでしょうね。救急病院で投与された薬の量が多かったというのには気になりますね。小型犬の場合5キロ未満と5キロ以上とでは薬の量が違うと聞いた事がありますが救急病院では体重測定とかあったのかな?とも気になります。ウノママもいつもの獣医さんからの説明を受け少しは安心しましたかね。人間も喉を痛めるとよくなるまでちょっと時間がかかったりするのでウノ君もそうなのかな?でも薬も貰ったし後は無理をしなければいつものウノ君に戻ると思います。早く咳が止まります様にのポチです。
2010.08.24 23:37 | URL | Pensuke #- [edit]
やっぱり緊急病院って人間と同じで応急処置だけなので、そんな痛い注射とかそこまで考えてもらえないのでしょうかね?
やっぱりかかりつけの病院が一番です!先生もすごくいい感じみたいだし、うの君と相性もいい!

でも何にでも記憶力のいいうの君。 バッグにしても注射にしてもそれがとらうまになりかけているようで心配です…泣

今回が病院に行くのが最後になりますように。 もう病院はこりごりよね?うの君?

2010.08.25 08:10 | URL | チワワママ #vS7MiQzA [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.08.25 10:24 | | # [edit]
獣医さんも人間、知識や興味も様々、犬に対する考え方や接し方も様々、色んなタイプの人でしょうから、相性は絶対あると思います。
看護婦さんでも、注射の上手下手あると思うのですが、きっと獣医さんでもそうなんじゃないかなー?と思います。

ウノ君、かわいそうに、、、
犬は都合の悪い事も覚えちゃうんですよね~。
チャップ(実家の犬)も手術をした後に、ずっと点滴をしていたのですが、その点滴がめっちゃ痛かったようで…。
その後、もう点滴の針は抜いてあるのに、未だに触ると嫌がります。
獣医に行くたびに大暴れ。
よっぽど痛かったのだろうと思います。

ウノ君はまだ若いから、これから良い経験を積んで、トラウマ回復できますように!
それから咳も!
2010.08.25 12:43 | URL | 鍋コ。 #- [edit]
> > ウノ君は本当に頭がいいですね。前回打った4本の注射の痛み覚えていたんですね。記事を読んでちょっとじわーっと目が熱くなってしまいました。緊急の時は仕方がないですが、やはりかかりつけの獣医さんが一番なんでしょうね。救急病院で投与された薬の量が多かったというのには気になりますね。小型犬の場合5キロ未満と5キロ以上とでは薬の量が違うと聞いた事がありますが救急病院では体重測定とかあったのかな?とも気になります。ウノママもいつもの獣医さんからの説明を受け少しは安心しましたかね。人間も喉を痛めるとよくなるまでちょっと時間がかかったりするのでウノ君もそうなのかな?でも薬も貰ったし後は無理をしなければいつものウノ君に戻ると思います。早く咳が止まります様にのポチです。
>
> Pensukeさんへ、
>
> いつもウノ君のことご心配、応援してくださってありがとうございます!
>
> ワンコは人間が思うほどおバカさんではないのですよね。ちゃんと覚えています、いいことも悪いことも!
> 薬の量は多いし、痛い薬も注射してしまうし。。。。
> 体重測定も一応したんですけれどね。獣医さんあまり慣れていなかったのでしょうか??
> 初めてのところは難しいですね。
>
> 今回は薬の副作用もなく、元気いっぱいのウノ君ですよ。
2010.08.25 16:37 | URL | うのままからPensukeさんへ #- [edit]
> やっぱり緊急病院って人間と同じで応急処置だけなので、そんな痛い注射とかそこまで考えてもらえないのでしょうかね?
> やっぱりかかりつけの病院が一番です!先生もすごくいい感じみたいだし、うの君と相性もいい!
>
> でも何にでも記憶力のいいうの君。 バッグにしても注射にしてもそれがとらうまになりかけているようで心配です…泣
>
> 今回が病院に行くのが最後になりますように。 もう病院はこりごりよね?うの君?


チワワママさんへ、

いつもウノ君のことご心配、応援くださってありがとうございます!!

緊急病院、本当応急処置って感じですよね。
とりあえず、「薬打って治ればいいや」という雰囲気をうのままは感じてしまったのです。
かかりつけの獣医さんも、痛みの強い薬を注射したのを見てちょっと驚いていましたよ。
注射じゃなくて飲用させる錠剤にしてくれれば良かったのに。。。
獣医さんも実際行ってみないと分からないので、難しいですね。

ウノ君が賢いのかどうか?!
年齢を重ねるほどいろんな経験も多くなるので、そのせいでしょうね~。
いいことも悪いこともしっかり覚えてしまいますよ。

いいことだけ経験させてあげたいけれど、なかなかそうも行きませんね。

「もう、しばらく注射は勘弁して」ってウノ君も思っているはずです。
2010.08.25 16:48 | URL | うのままからチワワママさんへ #- [edit]
> 獣医さんも人間、知識や興味も様々、犬に対する考え方や接し方も様々、色んなタイプの人でしょうから、相性は絶対あると思います。
> 看護婦さんでも、注射の上手下手あると思うのですが、きっと獣医さんでもそうなんじゃないかなー?と思います。
>
> ウノ君、かわいそうに、、、
> 犬は都合の悪い事も覚えちゃうんですよね~。
> チャップ(実家の犬)も手術をした後に、ずっと点滴をしていたのですが、その点滴がめっちゃ痛かったようで…。
> その後、もう点滴の針は抜いてあるのに、未だに触ると嫌がります。
> 獣医に行くたびに大暴れ。
> よっぽど痛かったのだろうと思います。
>
> ウノ君はまだ若いから、これから良い経験を積んで、トラウマ回復できますように!
> それから咳も!


鍋コさんへ、

いつもウノ君のご心配、応援していただきありがとうございます!!

やはり相性ありますよね!

緊急病院のお尻の体温測定から、ちょっとウノ君の様子が変でした。
ウノ君、注射が怖い子になってしまったかもしれません。。。。
ワンコは嫌なことはすぐに覚えますね。

チャップリンくんも可哀相に。。。
点滴よほど痛かったのですね。
そのときは痛くても我慢していて、後でトラウマのようになってしまうのですね。
獣医さんで暴れても仕方がないですよ。
ワンコの現在の行動は、過去の経験によってつくられていますから。

ウノ君も次回の注射も要注意です。
1度嫌なことを経験すると、かなり引きずりますよ。。。
2010.08.25 17:01 | URL | うのままから鍋コさんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。