fc2ブログ
Loading…

南イタリアの街犬たち~2010

Posted by うのまま on 17.2010 南イタリアのワンコ達   8 comments
ロンドンは晴れ時々シャワー。
最高気温は18℃、最低が7℃。


南イタリアの気温は毎日28℃くらいだったので、とっても肌寒く感じるロンドンのお天気。
うのぱぱの出身地はプーリアというところ。
イタリアのブーツのような地形でいうと、かかとの部分にあたり、しかも最南端の海辺の街。
青い空にターコイズブルーの海、オリーブ園に囲まれ、街を歩くと時々イチジクの甘~い香りが漂ってくるのです。

160910
プーリアの海辺

うのままうのぱぱと知り合って9年、結婚して6年になるのですが、イタリアは南イタリアのプーリアしか知りません。
うのままにとってイタリアは、イチジクの甘い香りのイメージなのですが、他のエリアはどんな匂いがするのでしょう。

160910
オリーブ園


今日は、南イタリアで目に止まるものの話。


それは、野良犬と野良猫。


今年も街のあちらこちらに見かけました。
その数、本当に多いのです。

160910


彼らは野良というより、町々に属して生活しているので街犬、街猫です。
犬の場合、殆どが雑種の中型犬や大型犬。
この子達は、それぞれの町の人々に残飯をもらったり、時には撫でて貰ったりして暮らしています。
どの子達も異常に痩せているようなこともなく、それなりに食べているように見えます。
ただ、虫が沢山付いているのか皮膚の状態は良くありません。
いつも痒そうに後ろ足で首の周りを掻いています。
寝床は公園の藪の中であったり、軒下であったり、様々です。

160910
マンマのトマトソースパスタを食べる街犬

うのぱぱのマンマの家の前の公園にも街犬が何頭も住み着いています。
いつも決まったメンバーです。
どうやら気の合うもの同士が一緒の街にいるよう。
マンマも毎日残飯を街犬、街猫にあげている一人です。
毎日、義家族や友達と夕涼みをしに公園にいると同じワンコが近くに寄ってくるのです。
皆とても人懐っこく、お腹を見せてひっくり返ったりする子もいるほど。
人間がベンチに座って話し込んでいると、いつの間にかワンコも眠たくなるのか、自分の寝床に移動するのです。
寝床はベンチのすぐ後ろの藪の中。

160910


人間の話し声が子守唄のようなのか、とても気持ち良さそうに目をつぶって寝ています。

160910


この街犬たち、雨の日はどうしているかというと、みんな雨に濡れないような場所に避難しています。
雨の中を歩いているワンコは見かける事が殆どありません。
雨の日の夜、うのぱぱと出かけたBarの軒下に何頭のもの街犬たちが集まっていました。
みんな丸まってじっとしているのです。
人間たちもワンコが集まっていてもお構い無しです。

160910


南イタリアの街犬たち、今年もまだ健在でした。
田舎町で人間ものんびりしているし、交通量も少ないのでこうして暮らしていられるのでしょう。


彼らを見ていると、ある意味犬本来の姿が見れるというか、とても新鮮に映ります。
一見、一頭ごと行動しているかのように見えるのですが、いつの間にか他のワンコがやってきて合流していたり、じゃれあって遊んだりしています。
そして、いくら野放しにされていても、ワンコはやっぱり人間に付かず離れずの距離にいるのが心地いいかのよう。



南イタリアに滞在中、こうして毎日街犬と交流していたので、ウノ君と離れた寂しさも半減したものの、逆にウノ君今頃どうしているかな~と考えるきっかけにもなっていました。



にほんブログ村 犬ブログ☆ビションフリーゼ☆ランキングと犬☆海外生活のランキングに参加しています。

南イタリアの街犬たちがいつまでも元気で暮らせますように!!の応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



なるほどー。

まだまだこうやって野良犬&野良猫と共存している都市もあるんですよね。
狂犬病とかはどうなのでしょう?

南米の人なんかは、かなりの割合で犬を嫌っているというか怖がっています。
良いイメージがないそうなのです。
それも、野犬?野良犬が沢山いて、咬まれたり、追いかけられたり、また色んな病気があったりで怖いのだと思います。

でもこうしてイタリアの光景を見ていると、野良とまではいかず、人々と共存して仲良くやっているように思えますね。
興味深いです。
2010.09.17 09:17 | URL | 鍋コ。 #- [edit]
こういった風景、微笑ましくもあり寂しい気もします。

以前、イタリアに行ったお友達に聞いたのですが、イタリアのバケーションはとても長く、人々はその間旅行とか楽しい休暇を満喫する。でもそこでペットは邪魔なので、捨てる人が大勢いて後をたたないと…聞いた時、とても悲しくなりました。
ここの地方も同じようか環境で野良犬ちゃん達が増えたのでしょうか?
何かいい対策を考えて、皆いいお家に貰われてふかふかのベッドで寝てほしいなぁ~。
2010.09.17 09:57 | URL | チワワママ #vS7MiQzA [edit]
イタリア プーリア素敵ですね。溜め息が出てしまいました。それに私イタリア料理大好きなんですよ。毎日でも食べれるくらい。イタリアの街犬、街猫の事情複雑ですね。この子達にとって何が一番幸せなのか?自由それとも飼い主に保護されて暮らせるという事?
とりあえず保健所とかには行かずに(貰い手がない場合は処分されてしまうという辛い事はない?!)いられそうですね。人と犬&猫が共存して生活しているのはいいかもしれませんが、もし自分がそこに住んでいて自分の犬が街犬&猫(予防接種されていない)と接触するのはちょっと抵抗がありますかね。

私も日本滞在中、他のわんちゃんと接触し会えない寂しさが半減しましたが、今頃何をしているのかな?ちゃんと食べてるかな?とかよく思い出しました。犬を飼っていると必ず出てくるIssueですね。うの君がそばに居る今はひとまずほっと出来ますね。e-343
2010.09.17 10:59 | URL | Pensuke #- [edit]
ウノ君元気ですか?
うわあ、このイタリアの海、グランブルーを思い出してしまいます。
街犬たち、幸せならそれでいいのですが、本当ならきちんとした飼い主さんがいてほしいですね。
札幌は、もうすっかり秋になりました。
空がとても青くてすっきりしています!
2010.09.17 14:58 | URL | norimama #MJXSOd5o [edit]
> なるほどー。
>
> まだまだこうやって野良犬&野良猫と共存している都市もあるんですよね。
> 狂犬病とかはどうなのでしょう?
>
> 南米の人なんかは、かなりの割合で犬を嫌っているというか怖がっています。
> 良いイメージがないそうなのです。
> それも、野犬?野良犬が沢山いて、咬まれたり、追いかけられたり、また色んな病気があったりで怖いのだと思います。
>
> でもこうしてイタリアの光景を見ていると、野良とまではいかず、人々と共存して仲良くやっているように思えますね。
> 興味深いです。


鍋コさんへ、

南イタリアの街犬たちは元々誰かに飼われていた犬が捨てられたというケースが多いようです。
そのせいか、人懐っこいし人を襲っているような光景はまだ見ていません。
ただやはり狂犬病の心配とか、他の病気に感染していないかなど考えさせられることだらけです。

このまま狂犬病も発生せず、大きな問題もなければこういう生き方もありかなとも思ったりもするのです。


2010.09.18 05:29 | URL | うのままから鍋コさんへ #- [edit]
> こういった風景、微笑ましくもあり寂しい気もします。
>
> 以前、イタリアに行ったお友達に聞いたのですが、イタリアのバケーションはとても長く、人々はその間旅行とか楽しい休暇を満喫する。でもそこでペットは邪魔なので、捨てる人が大勢いて後をたたないと…聞いた時、とても悲しくなりました。
> ここの地方も同じようか環境で野良犬ちゃん達が増えたのでしょうか?
> 何かいい対策を考えて、皆いいお家に貰われてふかふかのベッドで寝てほしいなぁ~。


チワワママさんへ、

そうなんですよね、2つの感情が入り混じります。
今回もうのぱぱのお友達の中には、6週間休暇という人もいましたよ~。
幸いその人はペットは飼っていないのですが、人によっては簡単に捨ててしまう人もいるのかも知れません。
野良犬になってしまった子達の多くは、やはり元々ペットとして飼われていたと聞きましたよ。

行政がしっかりしていればいいのですが、そうでもなく、保護団体と称し国から補助金だけもらい適切な方法で動物の保護をせず、狭い檻の中に閉じ込め放置しているような悪質な業者もあるようです。

それを考えるとまだ野良犬でいたほうがよっぽどまし、と思ってしまうのです。。。。

本当は、みんなご飯の心配もせず、体も痒がることなく、フカフカのベッドで寝かせてあげたいですよね。
2010.09.18 05:42 | URL | うのままからチワワママさんへ #- [edit]
> イタリア プーリア素敵ですね。溜め息が出てしまいました。それに私イタリア料理大好きなんですよ。毎日でも食べれるくらい。イタリアの街犬、街猫の事情複雑ですね。この子達にとって何が一番幸せなのか?自由それとも飼い主に保護されて暮らせるという事?
> とりあえず保健所とかには行かずに(貰い手がない場合は処分されてしまうという辛い事はない?!)いられそうですね。人と犬&猫が共存して生活しているのはいいかもしれませんが、もし自分がそこに住んでいて自分の犬が街犬&猫(予防接種されていない)と接触するのはちょっと抵抗がありますかね。
>
> 私も日本滞在中、他のわんちゃんと接触し会えない寂しさが半減しましたが、今頃何をしているのかな?ちゃんと食べてるかな?とかよく思い出しました。犬を飼っていると必ず出てくるIssueですね。うの君がそばに居る今はひとまずほっと出来ますね。e-343


Pensukeさんへ、

いつも南イタリアに行く度に、街犬街猫の存在が気になるのです。
何が幸せなのかな~って考えさせられます。
保健所に連れて行かれたり、変な業者に保護されて自由が無くなるよりも、こうして好きな場所で生活できるのであれば、その方がまだマシかなって思うのです。

飼い犬と街犬が出くわす場面も何度か見たのですが、飼い犬もリードに繋がれていないケースが結構あり、飼い主さんも街犬との接触には感心しないながらも容認しているように見えました。
あまりにも多いので避けるのも難しいかもしれません。

うのままがウノ君と一緒に南イタリアに行く事があれば、なるべく街犬に近寄らせないようにすると思います。
2010.09.18 05:51 | URL | うのままからPensukeさんへ #- [edit]
> ウノ君元気ですか?
> うわあ、このイタリアの海、グランブルーを思い出してしまいます。
> 街犬たち、幸せならそれでいいのですが、本当ならきちんとした飼い主さんがいてほしいですね。
> 札幌は、もうすっかり秋になりました。
> 空がとても青くてすっきりしています!


norimamaさんへ、

ウノ君、お陰様で元気にしています!

イタリアの海、綺麗ですよ~。
透明度が違います。
グランブルーのイメージとピッタリですね。

街犬たち、本当は飼い主さんに飼われ、何不自由なく暮らして欲しいのですよね。。。。
でも、そう簡単に解決できない問題が山積みで、複雑な気持ちです。

札幌とロンドンは似ているかも知れませんね。
ロンドンもすっかり秋です!!


2010.09.18 05:56 | URL | うのままからnorimamaさんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
☆ビションフリーゼ☆
名前:ウノ
誕生日:2007年 3月1日
天使日:2020年12月6日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子


☆ビションフリーゼ☆
名前:ウノ
誕生日:2021年5月25日
出生地:ハンプシャー
とってもやんちゃな男の子


☆タキシード猫☆
名前:クロ
誕生日: 2015年9月
出生地:ロンドン
趣味:ネズミ捕獲

ウノ君は、いくつになったの?

ペット人間化メーカー

ウノ君のポートレート♡

ウノ君は、いくつになったの?

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン