Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフィに傷つけられたウィペット

Posted by うのまま on 25.2010 公園内で起きた事件・事故   8 comments
ロンドンは晴れ、時々シャワー。
最高気温は10℃、最低が0℃。

241010


気持ちよく晴れ、青空に白い雲、そして紅葉のコントラストが美しい。

241010


何度も立ち止まってはしばらく見とれていました。

241010


そんなとき、ウノ君も足を止めうのままに付き合ってくれるのです。

241010


今日は、ウノ君の大好きなお友達、タズちゃん&スカイちゃんと一緒に歩きました。
昨日、ケアンテリアの咬傷事件について記事にしたのですが、彼女たちは事件を起こした犬と
同犬種のケアンテリア。
彼女たちとは3年越しのお付き合いなのですが、どう猛のどの字も無い愛らしい子達。
テリアなのでリスを発見すると瞬く間に林の中に消えていくこともありますが、他の犬にも人間にも
友好的。

241010


ウノ君、タズと一緒に行動するのが好きでタズの後ろばかりくっ付いていきます。
一緒に走ったり、地面の匂い嗅ぎをしたり、マーキングしたり忙しそう。

241010


しばらくすると、今度は2匹のウィペットちゃんがやってきました。

241010


今回のウィペットちゃんは人懐っこく、犬に対しておとなしい落ち着いた子たちです。

241010

一匹のウィペットちゃんの後ろ足に擦り傷のような傷跡が見えました。
オーナーさんに、どういうわけか聞いてみると、今朝お散歩しているときに
スタッフィーによって付けられた傷跡だというのです。

相手は雄犬のスタッフィー、ウィペットちゃんに向かって勢いよく走ってきたと思ったら、
次の瞬間、ウィペットちゃんの上に覆いかぶさっていたそう。
すぐに引き離そうと試みたのですが、なかなか離れようとせず、しつこくウィペットちゃんに
付きまとっていたのです。
その際、ウィペットちゃんは鋭いスタッフィーの爪でお尻の辺りや後ろ足を傷つけられてしまったのです。

スタッフィーのオーナーさんはといえば、ウィペットちゃんのオーナーさんに注意されたことに
逆切れし、その場を離れて行ったと。
「自分のスタッフィーは決して凶暴ではない」と言っていたようですが、
こうしてウィペットちゃんが傷ついているのを見ると、その言葉は信じがたいのです。

241010


公園でお散歩していると、シーズン中の雌犬に雄犬が群がるシーンは頻繁に目にします。
シーズン中であれば、お互いのために公園でのお散歩は避けたほうが無難だと思うのですが、
シーズン中でもお構いなく公園でお散歩をさせるオーナーさんもいるのです。


でも、今日のウィペットちゃんはシーズン中でもその前後でも無かったのです。


このウィペットちゃん、スタッフィーに反撃することもせず、ただ逃げ回っていたのですが、
もし、気の強い子であれば喧嘩に発展していたことも考えられます。

241010


やはり強靭なスタッフィー、しっかり管理して欲しいのです。

241010


自分の犬がどういうタイプか、状況によってどう行動するのか、問題をどうしたら回避できるか、
オフリードのお散歩は人間の想像力もフルに使わなくてはいけないのです。



にほんブログ村 犬ブログ☆ビションフリーゼ☆ランキングと犬☆海外生活のランキングに参加しています。

人間の想像力をフル回転させ、楽しいお散歩が楽しめるようになるといいね !!
のクリックお願いします☆




にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

またまた考えさせられる話ですね。。。

今回の事もオーナーがきちんとしていれば起きなかった事件だと思います。 皆、ワンコの好みがあるし、どんな種類を飼おうとそれは自由だと思いますが、もう少し自分がきちんとケアできるかとか考えて飼ってほしいですね。そうでないと、そんな無責任なオーナーに飼われたワンちゃんがかわいそうです。
オーナーはワンちゃんを選べても、ワンちゃんはオーナーを選べないなんだから。。。

それとシスターズを心配して下さってありがとうございます。 うのままの言う通り、意外にワンコは強いのかもしれません。。。でもやっぱり心配なんですよね~、特にPちゃんの足が。。。
まだケンケンしてるみたいだし。 後3週間首をなが~~~くしてシスターズに会えるの楽しみにしてますよ♪
2010.10.24 23:07 | URL | チワワママ #vS7MiQzA [edit]
オフリードのお散歩が日常のわたしたちにとっては、毎日無事に散歩から帰ってこれたことを感謝する日々です。無事が当たり前、と思ってはいけないと思っています。安全な時間を選び、安全なルートを選び、他の犬の飼い主さんとちゃんとコミュニケーションを取ることを心がけています。けがをしたことがあるまっちゃんですが、大型犬の飼い主さんで、「一緒に遊ぶにはサイズが違いすぎるから」と避けてくださる方もいるし、「うちの子は小さい犬と上手に遊ぶよ」と言ってくださる方もいる、本当にいろいろです。どんなに気をつけていてもweapon dogにさせられた哀れな犬が急に首筋に本気で牙をたててくるかもしれない。。。まっちゃんの行く公園でもそういう事件がありました。そのあとしばらく小型犬の飼い主さんの女性たちは辺りを見回し、ひそひそと会話を交わし。でも暴力に屈して日常生活を奪われたくありませんもの。今日も公園が犬たちの楽園でありますように。うのままさんの毎日のお話、心してお散歩にでかけますね。
2010.10.25 12:22 | URL | まっちゃんママ #l5rC0xxY [edit]
私、先日のブログで勘違いしておりました。。。
子供を噛んで殺処分になったのはケアンテリアだったのですね…。
どこをどう読んだのか、スタッフィーかと思ってました。汗汗)
なるほど、どんな犬でも噛んで事故を起こすと殺処分ですか…。
咬傷事故について調べていた時に、本当に人間の不注意と無知が原因なのが多くて、衝撃を受けました。。。
子供(人間)を守る事も、自分の犬を守る事も、義務だと思うんですけどね。。。
子供も犬もかわいそう…。

ところで、ノーリード散歩の問題…。
嫌な飼い主ですねー。
でも、そういう人いるんですよね。。。
自分の犬は悪くない!今まで問題行動起こした事がないし!
と言い張る人…。
いやいやいやいや…。
呆れて物が言えなくなってしまいます。

自分で制御できない犬なら、それなりの対処(リードをつけるなり、口輪をするなり)をして頂きたいと思うのですが…。
2010.10.25 13:43 | URL | 鍋コ。 #- [edit]
> またまた考えさせられる話ですね。。。
>
> 今回の事もオーナーがきちんとしていれば起きなかった事件だと思います。 皆、ワンコの好みがあるし、どんな種類を飼おうとそれは自由だと思いますが、もう少し自分がきちんとケアできるかとか考えて飼ってほしいですね。そうでないと、そんな無責任なオーナーに飼われたワンちゃんがかわいそうです。
> オーナーはワンちゃんを選べても、ワンちゃんはオーナーを選べないなんだから。。。
>
> それとシスターズを心配して下さってありがとうございます。 うのままの言う通り、意外にワンコは強いのかもしれません。。。でもやっぱり心配なんですよね~、特にPちゃんの足が。。。
> まだケンケンしてるみたいだし。 後3週間首をなが~~~くしてシスターズに会えるの楽しみにしてますよ♪

チワワママさんへ、


> オーナーはワンちゃんを選べても、ワンちゃんはオーナーを選べないんだから。。。

そうですよね、犬が可哀想です!
迷惑を掛ければ掛けるほど公園の出入りも難しくなり、自由散歩が出来なくなってしまい辛い思いをするのは
オーナーではなく犬ですから。。。

Pちゃんのケンケンの理由、膝ではなくお尻のあたりを強く押されたのが原因だったのですね。。。
そんなことまで分かるなんて凄いですよね!

検査をしても見つからなかったのだから、本当にそれが理由かも。
今はまだケンケン癖が直っていないけれど、もうしばらくすれば普通に戻るかもしれませんね!

チワワママさんが戻るまで、様子見ですね!
シスターズも毎日待っていると思いますよ☆


2010.10.25 15:26 | URL | うのままからチワワママさんへ #- [edit]

鍋コさんへ、

> なるほど、どんな犬でも噛んで事故を起こすと殺処分ですか…。
> 咬傷事故について調べていた時に、本当に人間の不注意と無知が原因なのが多くて、衝撃を受けました。。。
> 子供(人間)を守る事も、自分の犬を守る事も、義務だと思うんですけどね。。。
> 子供も犬もかわいそう…。

程度にもよるとは思うのですが、顔に50針の傷というのはノーチャンスのようです。
こういう事件は関わってしまった人、犬、みんな可哀想です。

> ところで、ノーリード散歩の問題…。

制御できない犬にオーナー、結構いるんですよ。
パピーだったらある程度しょうがないかな、と思えるのですが、成犬でこれだと危険です。

> 自分で制御できない犬なら、それなりの対処(リードをつけるなり、口輪をするなり)をして頂きたいと思うのですが…。

そうなんですよ。
でも困ったことに、こういうオーナーに限って自覚がないんですよね!!!
2010.10.25 15:36 | URL | うのままから鍋コさんへ #- [edit]

まっちゃんママさんへ、

> オフリードのお散歩が日常のわたしたちにとっては、毎日無事に散歩から帰ってこれたことを感謝する日々です。無事が当たり前、と思ってはいけないと思っています。安全な時間を選び、安全なルートを選び、他の犬の飼い主さんとちゃんとコミュニケーションを取ることを心がけています。

本当、今日も無事に帰って来れて感謝ですね!
コミュニケーション大事ですよね。
どの犬が危ないとか教えてくれますものね。

まっちゃんの行く公園でも事件があったのですね。
ロンドンどこの公園でも起こりうることなんですよね。。。

>今日も公園が犬たちの楽園でありますように。うのままさんの毎日のお話、心してお散歩にでかけますね。

犬が大好きな飼い主の毎日のたわごとですが、公園が犬たちの楽園であって欲しいという気持ちが広がっていけばいいな、と思うのです。犬が思いっきり遊べるのは公園くらいですからね。
2010.10.25 15:52 | URL | うのままからまっちゃんママさんへ #- [edit]
3つもコメント立て続けでごめんなさいっっっ(→㉨←)

ご…50針も縫う怪我ですか…???
えーーー!!!!!!!!
あまりにも驚いてしまいました…。
だってケアンテリアって…せいぜい7,8KGですよね…。
パニックになって直ぐに止めてあげられなかったのか、止め方が悪かったのか…いずれにせよ、恐ろしい事です…。
2010.10.27 00:27 | URL | 鍋コ。 #- [edit]

鍋コさんへ、

コメントありがとうございます!!!

> ご…50針も縫う怪我ですか…???
> えーーー!!!!!!!!
> あまりにも驚いてしまいました…。
> だってケアンテリアって…せいぜい7,8KGですよね…。

びっくりですよね。。。。
そうなんですよ、写真を見たのですが、顔全体という感じでした。
目をやられなかったのが、奇跡的です。

テリア種はプツンと切れやすい傾向にあると言われたりもしますが、
まさか、ケアンテリアが、と耳を疑いました!

飼い主がそばにいたのに、だめだったのですよ。。。
2010.10.27 11:12 | URL | うのままから鍋コさんへ3 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。