Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンリード+マズル=??

Posted by うのまま on 13.2010 ロンドンワンコ事情   4 comments
ロンドンは曇りのち雨。
最高気温は13℃、最低が9℃。

凄まじい音を立て強風が吹き荒れた昨晩。
ウノ君一家、夜中しょっちゅう目が覚めてしまいました。
イギリスの晩秋はこういう日があるのです。


ウノ君といつもの公園にお散歩です。

121110


ウノ君と公園内を歩いていると、ポツポツと雨が。
小雨なので、お散歩は続行。

121110


しばらくすると、雨足が早くなり、ザーザー降り始めました。
ウノ君としばらく雨宿り。

121110


上空の雲の流れを見ながらウノ君と雨が止むのを待ちます。
今日の雨雲、いつまで経っても切れる気配がありません。
仕方が無いので、雨の中歩いて帰ることにしたのです。

121110


ウノ君うのままのように、曇っていたからお散歩に来たという人たちなのか、
公園内には犬とお散歩をしている人、ドッグウォーカーさんがたくさんの犬を
連れて歩いている姿が見えます。

121110


ウノ君と歩いていると、一人のドッグウォーカーさんが4匹ほど
犬を連れて近づいてきました。
ドッグウォーカーさんの横には、リードに繋がれ、マズルを着用した
ブルテリアも。

121110


オンリード+マズル=要注意


オフリードでお散歩することが普通のロンドンの公園。

その中で、オンリードでお散歩するというのは、何か理由があると捉えます。
理由は、シーズン中だったり、術後リハビリ中とか、乱暴な犬であったり、
呼び戻しがきかないなど。

そして、マズル着用となると、以前問題を起こし着用を命じられた犬か、
事故を未然に防ぐため自主的に着用しているということになります。
稀に、拾い食い防止ということもありますが。


要注意とは言っても、リードに繋がれているので、おそらく大丈夫。


そう思いながら、ドッグウォーカーさんと挨拶です。
ウノ君にはなるべくそばに寄らせないよう、目を配りながら。

121110


このブルテリアくん、以前他の犬に噛み付いたことがあり、
それ以来オンリードでマズルを着用させお散歩に連れてきているそう。
普段はおとなしいのですが、何かのタイミングでスイッチが入ってしまう
タイプだと。

121110


今朝、このドッグウォーカーさん、別のブルテリアのパピーを連れて
公園にお散歩に来たのだそう。
その際、嫌な事故に遭ってしまったと言うのです。


パピーを連れて歩いているところに、突然、他のブルテリアがパピーに近づいてきて、
ガブリと噛み付いたとのこと。
お互いオフリード同士、マズル無し。
幸い、パピーの怪我は大したことはなかったようですが、相手のブルテリアのオーナー、
『パピーをオフリードにしているせいだ!オンリードで散歩させないと駄目だ!』と
逆切れしていたと。


どういう状況で噛んだのか、噛まれたのか見ていたわけではないので、
なんとも言えませんが、噛んだ方のブルテリアはおそらく今回が初めてでは無い筈。
噛み癖があったにも関わらずマズルを着用していなかった。
着用させていなかったオーナーの責任。


それなのに、責任転嫁。


そうは言っても、もしかしたら、パピー側にも問題はあったかもしれない。
パピーはハイパーだから。
それにしても、パピーを噛むのは。。。。


話を聞いているうちに雨も激しさを増してきたので、その場を離れようとしたとき、
10メートルほど離れたところに、他のブルテリアくんが歩いてくるのが見えました。
このブルテリアくんを知っている人達の間では、おとなしいと言われているワンコ。


なんとなく、そのブルテリア君の立ち姿が、何かに警戒している雰囲気を出していたので、
ウノ君と足早に歩き、その場を離れたのですが、その後、背後で男性の声がしたのです。
振り向くと、ドッグウォーカーさんが、傘をバッグから取り出し、広げようとしている
ところでした。
そこへ、歩いてきたブルテリアくんが飛び掛っているのが見えたのです。


傘が嫌いなのか、好きなのか、どちらにしても興奮しています。
ドッグウォーカーさんの手には傘だけでなく、繋がれたブルテリアくんもいます。
興奮した相手のブルテリアに反応してしまったのか、ドッグウォーカーさんの連れている
ブルテリアくんも吠えて威嚇しているよう。


ほんの少しの間の出来事。


片方がマズルを着用していたので、何事もなく過ぎたのですが、
これがマズルをせずにいたらどうなっていたことか。。。。

121110


ウノ君と公園のゲートに着き、リードを付け歩道を歩いていると
20メートルほど離れたところに、ブルテリアらしい
ワンコが近づいてくるのが見えました。


ウノ君と道路を横断しようと、歩道のところで立ち止まっていると
ブルテリアも道路の反対側に着いたのです。
このブルテリア、リードに繋がれ、マズルを着用していました。
オーナーさんの雰囲気が、また怪しげだったので、更に警戒。


案の定、道路の反対側に居たブルテリア、ウノ君の姿を発見すると、
歯をむき出した恐ろしい形相で体を乗り出し、ウノ君に向かって吠え始めました。


ウノ君の緊張している様子が、リードを通してうのままに伝わってきます。


彼らは、公園には向かわず、他の方向へ歩いて行きました。


イギリスの犬に関する法律の一つにDangerous Dogs Actというのがあるのですが、
その中に、飼い犬が人間や他の犬に対し怪我をさせないよう飼い主が管理する、
また恐怖心を与えたり、脅かすことがあってはならないとも。



マズルをしていてもあの勢いで吠えられると恐怖ではあった。
でも、リードに繋がれきちんとマズルも着用させていたので、



オンリード+マズル=要注意だけれど、一応安全




にほんブログ村 犬☆ビションフリーゼ☆ランキング、犬☆海外生活、
FC2&人気ブログランキングに参加しています。



ウノ君、無事にお散歩から帰ってこれて良かったね!
の応援クリックお願いします♪



にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ









関連記事
スポンサーサイト

不穏なお天気とともにバタシーパークにも嵐が吹き荒れる、と言った感じでしょうか。
パピーのときに攻撃的なガブリをされてしまってはトラウマになってしまいそう。パピーってパピーフェロモンが出ているから、成犬は決して本気で攻撃しないというけれど、それが通じない犬もいるのですね。。。飼い主さんの逆切れ論理にもびっくりです。
パピーが安心してオフリードで歩ける「楽園」がいつまでも続くように、みんなでマナーを守っていきたいですね。
ヒースでもオンリードでマズルをしている子を見かけますが、リハビリ(レスキュー)言い換えるとトレーニング中という雰囲気の子が多いです。
ウノ君、今日も無事におかえりなさい♪
2010.11.13 02:31 | URL | まっちゃんママ #l5rC0xxY [edit]
> 不穏なお天気とともにバタシーパークにも嵐が吹き荒れる、と言った感じでしょうか。
> パピーのときに攻撃的なガブリをされてしまってはトラウマになってしまいそう。パピーってパピーフェロモンが出ているから、成犬は決して本気で攻撃しないというけれど、それが通じない犬もいるのですね。。。飼い主さんの逆切れ論理にもびっくりです。
> パピーが安心してオフリードで歩ける「楽園」がいつまでも続くように、みんなでマナーを守っていきたいですね。
> ヒースでもオンリードでマズルをしている子を見かけますが、リハビリ(レスキュー)言い換えるとトレーニング中という雰囲気の子が多いです。
> ウノ君、今日も無事におかえりなさい♪

まっちゃんママさんへ、

たまにパピーでも構わず襲う犬が居るようですね。。。
この噛んだ犬をリードにつなぐなら分かるけれど、パピーがオフリードでいるのが
悪いと。。。。
いろんな人が居ます!

何度も立て続けに興奮しやすい犬、攻撃的な犬に会うことは滅多にないのですが、
昨日は冷やりとする場面に何度も出くわしたのです。
天候も関係しているのでしょうか?!

無事に帰ってこれて良かったです♪
2010.11.13 16:55 | URL | うのままからまっちゃんママさんへ #- [edit]
まっちゃんママのところから来ました。虫一郎と申します。
まっちゃんママさんに勇気をいただいて…ちょこちょこお邪魔していたのですが…意を決して(!?)のこのこやって来ました。

とても興味深い記事ですね。
犬と人の暮らしやすい着地点はどこなのか…

私などはイギリスの方法を表面的に捉えがちなので勉強になります。
これからもよろしくお願い致します。
2010.11.15 03:11 | URL | 虫一郎 #OF9IaSec [edit]

虫一郎さんへ、

初めまして!!
ご訪問、コメントありがとうございます。
まっちゃんの遊びに行く公園とはまた一味違うかと思いますが、いかがでしょう?
みなさまの感じたことや意見を聞けるのを楽しみにしているので、ドンドンコメントください!

オフリードのお散歩は、犬が犬らしくいられる反面、リスクもある。
リスクがあるからといって、犬を縛り付け自由を奪うわけにもいかない。
マナーを守るオーナーが増えればそのリスクも少なくなるのですが、実際そうもいかないのですよ。
お散歩、いつもある意味、命がけです。

日本人は色々吸収してアレンジをするのが上手なので、イギリスのいいところを上手く吸収して
犬たちがもう少し自由にお散歩が楽しめるようになれればいいな~と思っているうのままです。

> 私などはイギリスの方法を表面的に捉えがちなので勉強になります。
> これからもよろしくお願い致します。

イギリスのいいところ悪いところお伝えしていきます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

2010.11.15 15:43 | URL | うのままから虫一郎さんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。