Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィペットの大脱走劇、オフリードのお散歩のこと

Posted by うのまま on 07.2011 公園内で起きた事件・事故   13 comments
ロンドンは曇りのち晴れ。
最高気温は8℃、最低が1℃。


ウノ君といつもの公園でお散歩です。

060311

ロンドンの多くの公園はオフリードでお散歩できます。
この公園もその一つ。

060311

もしかしたらオフリードというと、単に犬をリードから放して自由に遊ばせている
というイメージを持っておられる方が多いかもしれません。

イギリスのオフリードは、犬と人間がコミュニケーションを取りながら一緒に歩く。
広場では犬同士遊ばせたりするものの、どんな状況でも呼び戻し出来ること
が条件になっています。

060311

先日あるドッグウォーカーさんからとても衝撃的な話を聞きました。
(記事の写真は本日のお散歩の様子です。)

060311

彼はいつも6頭ほどの犬を連れてお散歩に来ています。
ある日、いつも預かっているウィペットのオーナーさんからもう一匹ウィペットを
お散歩させて欲しいと依頼があったそう。

そのもう一匹のウィペットは、ウィペットのオーナーさんの妹さんの犬。
妹さんはNYから犬連れで遊びに来ていたのです。
妹さんからは、自分の犬もオフリードできるので、みんなと同じオフリードで
お散歩させて欲しいと彼にリクエストがあったのです。

オーナーさんの言うように、NYのウィペットはみんなと同じオフリードで歩いても問題なく
お散歩をしていたようです。
広場に行き犬達がいつものように駆け回っていたところ、その中のスタッフィーが興奮し
他の犬の上にまたがり首根っこを噛んで押さえつけたと言うのです。
首を噛まれた犬は、かすり傷を負ったそうですが、この事故は思わぬところに飛び火したのです。

なんとその様子を見ていたNYのウィペットさん、
恐怖のあまり逃げ出してしまったのです。
いくら呼んでも戻って来ない。
余りにも足が速く、どこに走っていったのかも分からない。
公園内いたるところを探したけれど見つからない。

不安な時間だけ過ぎ、その日の夜、一本の電話が入ったそう。
なんとNYのウィペットさん、公園を抜け出し数キロ離れた別の公園、
ハイドパークで徘徊していると連絡が。

ハイドパークまで道一本で行かれますが、大通りも横切らないといけないし、
交通量のある道路脇を歩かなくてはいけません。

大脱走劇

想像しただけで恐ろしくなるのですが、幸運にも怪我一つ無く無事に保護されました。

060311
ダックのそばに近づき過ぎないようにね。


NYのウィペットさん、オフリードのお散歩に慣れていなかったから
トレーニングされていなかったから、こういう事故が起きたと思われます。
たまに、どこか郊外や広場でリードを放し遊ばせていたことがあり、
そのときに呼び戻しが出来たからオーナーさんは大丈夫だと思ってしまったのでしょう。

060311

公園のお散歩、さまざまな誘惑、騒音など犬にとっての障害や危険がつきものです。
そして、ちょっとした油断が事故に繋がります。


ベンチでランチを食べている人
ピクニック
地面に落ちている食べ物
バッグの中に食べ物を潜ましている人
食べ物を歩きながら食べる人
鳥にパンをあげている人
ジョギングしている人
自転車に乗る人

トラック
バギー
リスや鳥
犬やきつねの落し物
子供の集団
工事中の大きな音
サッカーやクリケットの練習
シーズン中の雌犬
お散歩に来ている多くの犬たち、、、。


他にも色々あるでしょう。
こういうものにも過度に反応せず、邪魔をせず、呼び戻すことが出来、
オーナーさんやドッグウォーカーさんと一緒に歩くのがオフリードのお散歩。

060311

生まれも育ちもNYのウィペットさん。
これだけの障害の中でのオフリードのお散歩は初めてだったのかもしれません。

060311
車が通り過ぎるまで、道路の脇で待ちますよ。
060311


犬種、性格、年齢などによって、特に練習をしていなくても呼び戻しが出来る子も
いると思います。
でもそれでオフリードにしていいかと言えばそうでは無いと思うのです。

ちゃんとトレーニングをしていない場合、NYのウィペットさんのように、
ちょっとしたことに反応し呼び戻しさえ出来なくなってしまったのだから。

060311
今日も小枝を見つけたよ。


鳥のさえずりを聞いたり、花の開花を楽しんだり、おしゃべりをしたり、
リラックスして歩きながらも、
愛犬の足音を聞いてちゃんとついて来ているか確認し、車が近づいていないか、
食べ物が落ちていないか、興奮しすぎた犬の吠え声が聞こえないか、
などと安全でいられるよう常に注意する。

060311

ゆったりのんびりした中にも、飼い主の集中力が必要なのが
イギリスのオフリードのお散歩だと感じています。




にほんブログ村 犬☆ビションフリーゼ☆ランキング、犬☆海外生活、
FC2&人気ブログランキングに参加しています。



ウノ君もお友達も毎日公園で練習しているんだよ☆


応援クリックいつもありがとう

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村



br_decobanner_20110228100548.gif


関連記事
スポンサーサイト

オフリードの散歩は難しそうです
常に飼い主も気を使っていないといけませんね
多くの事に過度な反応をしないで戻る犬も凄いです
どこで事故が起こるか分からないので注意が必要ですね!
私はリードを付けていても心配な時があります。
ウノ君賢くて素敵!
2011.03.07 04:05 | URL | ククのいくこ #- [edit]
ドキドキしながら記事読んでしまいましが、NY育ちのウィペットさん、本当に無事で良かったです。公園では本当に毎日いろんな事が起きますよね。何事もなく無事に帰って来れたら良し、仲の良い友達と会え楽しめたら尚最高。いろんな飼い主さんも来るしいろんな犬種、性格のわんこも来る、リラックスしていても周りに何が起こっているのか、起きようとしてるのか常に気を張ってないと駄目ですからね。改めていろんな環境の中でのトレーニングって重要なんだと思いました。
2011.03.07 08:12 | URL | Pensuke #- [edit]
どうなることやらとハラハラしてしまいましたが
無事もどってよかったですね。
それで事故やケガをしていたらどうなっていたやら・・・

本当にオフリードって難しいですよね
ウノ君&うのままさんのような関係を築き、
きちんとした躾が出来ていなければ安易に
「出来る・お願いします」って言っちゃだめですよね。
日本でもたまにオフリードにしている
(これはマナー違反)がいるようですが
そういう飼い主に限って問題を起こすって言いますもんね。

ウノ君はどうやってトレーニングしたんですか?
2011.03.07 08:52 | URL | おまめ #- [edit]
危険を感じれば走って逃げる、のが動物の本能ですから、ウィペットちゃんの最初の行動ももっともですが(しかし橋も渡ったということですよね。その頃にはもうただの迷子ですね。)、その本能を抑制して、飼い主のそばにいれば安心だよ、と教えるのがトレーニングですね。
オフリードだと、一声をかけて一瞬で犬を我に返すことができなければなりません。でももしかしたら、ママの声なら、我に帰ったのかもしれませんね。

ウィペットちゃんは慣れない環境でママがいっしょでなかったのはかわいそう。環境に慣れるまで、そしてハンドラーの声かけでリコールできるまでオンリードにしておいた方が安全ですね。
わたしも旅行先などでは気をつけますが、まっちゃんも旅行先では保守的になりますよ。
2011.03.07 09:04 | URL | まっちゃんママ #l5rC0xxY [edit]
えっ?えっ?とドキドキしながら読んでましたが、何事もなく無事に見つかってよかったです。 あれだけの障害をくぐり抜けて無傷だったなんて、強運の持ち主としか言いようがないですわ・笑

バタシーパークもいつも、のんびりしてて安全そうに見えますが、うのままさんが取り上げたジョギングしてる人、自転車、子供の集団etc…言われてみれば障害は沢山ありますわ。
オーナーの一人一人しっかり自覚して、注意を払ってお散歩しないと、大惨事になる要素は沢山ありますね。 やっぱりトレーニングはオーナーの言う事を聞くだけでなく、ワンちゃん自身を守るためにも必要だなと改めて考えさせられました。
2011.03.07 12:51 | URL | チワワママ #vS7MiQzA [edit]
ウィペットさん見つかって本当に良かったですよね~。
見つかったのもビックリですけど。

NYでどんなノーリード散歩をしていたか分からないですが、ロンドンの公園=ノーリード散歩+ドッグウォーカー(というプロ)に預ける、ということで、飼い主も他人任せで変な安心をしていたのかも分からないですよね。
これでちょっと痛い目を見て、もっと危機管理をしてくれれば良いですが…
2011.03.07 13:23 | URL | 鍋コ。 #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.03.07 15:09 | | # [edit]

ククのいくこさんへ、

リードが無い分、ちゃんとコミュニケーションが取れていないといけないのがオフリード。
ちょうど見えないリードが着いている感覚です。

> 多くの事に過度な反応をしないで戻る犬も凄いです
> どこで事故が起こるか分からないので注意が必要ですね!

そう、多くの子が小さいうちから音にも犬にも過度に反応しないよう社会化されているのですよ。
でも、ちょっとした油断から事故になることもあるので、いつでも注意は必要です!

> 私はリードを付けていても心配な時があります。

リードがあっても無くても一緒ですよね!
リードがあるからといってただ歩かせていたら危ないですしね。

ウノ君もまだまだです!
ご存知のように苦手なものも多いですから。(笑
ウィペットさんの話を聞いて、自分も身が引き締まる思いですよ。
2011.03.07 17:56 | URL | うのままからククのいくこさんへ #- [edit]
Pensukeさんへ、

NYのウィペットさん、本当に奇跡ですよ!
どうやって大通りを歩いていたのか、道路を横断したのか。。。。
この話を聞いて、改めて社会化や呼び戻しトレーニングの大切さを感じましたよ。
ペニーちゃんの行くドッグパークでも同じですよね。

>改めていろんな環境の中でのトレーニングって重要なんだと思いました。

人間にしたら、「えっ、こんなこと?」って感じることでも犬にとったら恐ろしい音だったりしますからね。
本当、いろんな環境に慣らすのは大切ですね☆
2011.03.07 18:04 | URL | うのままからPensukeさんへ #- [edit]
おまめさんへ、

怪我一つ無く無事に保護されて本当に良かったですよ!
かなりの交通量のある道路脇を歩いたり、横断しているので奇跡です。

> 本当にオフリードって難しいですよね

簡単ではないですよね。
お互いの信頼関係がないとまず無理だと思います。
それに、人間も動物も完璧というものは無いですから、いつでも注意しないと!

> きちんとした躾が出来ていなければ安易に
> 「出来る・お願いします」って言っちゃだめですよね。

そうですよ。
しかも、初めての人に安易にオフリードはお願いしたらダメです。
いくらしつけが出来ていても、慣れていない場所で、知らない人では、指示に従うのは難しいです。

> 日本でもたまにオフリードにしている
> (これはマナー違反)がいるようですが
> そういう飼い主に限って問題を起こすって言いますもんね。

日本の場合、殆どの犬達がオンリードなので、余計に問題が起こると思いますよ。

> ウノ君はどうやってトレーニングしたんですか?

以前記事(トレーニング)に書いたので、お時間のあるときに覗いていただければ嬉しいのですが、
ウノ君、最初はうのままの声が入らないくらい好き勝手にしていました。
なので、まずはうのままに注目することから練習し、それから呼び戻しの練習でした。
3メートルくらいのロングリードをつけて、ひたすら呼び戻しの練習。
呼んで戻ってきたら、褒めるかおやつ。
あまりにも長い時間すると楽しくないので、毎日ちょっとづつでした。
子犬にとったら飼い主よりも魅力的なものが外には沢山あり、なかなか簡単に戻ってこようとしません。
飼い主は、それらより勝らないといけないですから、飼い主力をあげないといけませんね。(笑
根気はいりますが、ちゃんと戻ってくるようになると嬉しいものです☆

2011.03.07 18:29 | URL | うのままからおまめさんへ #- [edit]

まっちゃんママさんへ、

そう、あの橋を渡って、ナイツブリッジの大通りも横断しているのですよ!

> オフリードだと、一声をかけて一瞬で犬を我に返すことができなければなりません。でももしかしたら、ママの声なら、我に帰ったのかもしれませんね。

そう、一声で我に返す。
難しいけれど、大切なことですよね。ウノ君も頑張らないと。
ウィペットさん、ママの声なら届いたかもしれないですね。

> ウィペットちゃんは慣れない環境でママがいっしょでなかったのはかわいそう。環境に慣れるまで、そしてハンドラーの声かけでリコールできるまでオンリードにしておいた方が安全ですね。

本当におっしゃるとおり。
なれない場所、知らない人、この状況では何か起きたとき、一体どこに帰ったらいいのか分からなくなってしまうと思います。
ドッグウォーカーさん、初めての子は慣れるまでオンリードでお散歩していることが多いのですものね。
ウノ君も預かってもらうときには、基本オンリードでお願いしていますよ。
うちに帰って来ようとしてもいけないですからね!

> わたしも旅行先などでは気をつけますが、まっちゃんも旅行先では保守的になりますよ。

そうですよね。
自分達も知らない場所だと何があるのか分からないから注意するし、犬も同じ感覚なんでしょうね。
2011.03.07 18:38 | URL | うのままからまっちゃんママさんへ #- [edit]

チワワママさんへ、

強運の持ち主ですよね、ウィペットさん!
どうやって歩いていったのか。。。
無事だったからドッグウォーカーさんも話してくれたのですが、聞いているときドキドキでしたよ。

> バタシーパークもいつも、のんびりしてて安全そうに見えますが、うのままさんが取り上げたジョギングしてる人、自転車、子供の集団etc…言われてみれば障害は沢山ありますわ。

人間にとったら、どうってことないことでも、犬にとったら苦手なことや大好きなことだったりするのですよね。(笑
子供が何十人も並んで、ギャーギャー騒いで歩くのだって、怖く感じる子もいるだろうし、ジョギングして
勢いよく自分に向かってこられたら怖いだろうしね。

> オーナーの一人一人しっかり自覚して、注意を払ってお散歩しないと、大惨事になる要素は沢山ありますね。 やっぱりトレーニングはオーナーの言う事を聞くだけでなく、ワンちゃん自身を守るためにも必要だなと改めて考えさせられました。

リードに繋いでいても注意を払ってお散歩していないと危ないでしょうね。
リードで人を転ばせてしまうことだってありますよね、きっと。
うのままもこの話を聞いて、身が締まる思いです。
2011.03.07 18:45 | URL | うのままからチワワママさんへ #- [edit]

鍋コさんへ、

ウィペットさん、無事だったのが奇跡です!
どうやってあの道のりを歩いていったのか。。。

> NYでどんなノーリード散歩をしていたか分からないですが、ロンドンの公園=ノーリード散歩+ドッグウォーカー(というプロ)に預ける、ということで、飼い主も他人任せで変な安心をしていたのかも分からないですよね。

変に安心してしまったというのはあるでしょうね。
みんなオフリードだし、ドッグウォーカーさんだしって!

> これでちょっと痛い目を見て、もっと危機管理をしてくれれば良いですが…

もう簡単にオフリードにしないと思うのですが。
でもこういう方は分からないですね!
2011.03.07 18:52 | URL | うのままから鍋コさんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。