Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南イタリアの犬たち~街~

Posted by うのまま on 17.2011 南イタリアのワンコ達   6 comments
ロンドンは晴れ。
最高気温は23℃、最低が13℃。


先週イタリアから帰ってきたのですが、今日はイタリアの犬達のお話。
うのぱぱの実家のある南イタリアには野良犬、野良猫が街にいます。
普通にのんびりと暮らしています。
毎年彼らと会うのも楽しみの一つ。
さて、今年も彼らと会えるのか?!

160911

彼らは日中歩き回ることは殆どありません。
真夏のイタリアの気温は日中35℃前後。
彼らの行動する時間帯は、涼しくなる夕方から。

160911

とは言っても、稀に陽が高い時間帯に歩く犬、

160911

日光浴している犬に会うこともありました。

160911

大概犬達は夕方から行動をはじめ、いつも自分にご飯をくれる人間のいる場所へ行きご飯を食べるのです。
もちろん毎日同じ人から貰えるわけではないので、ご飯を食べられそうな場所を転々とします。
彼らの行動範囲は大体決まっているのです。

160911

街を悠々と歩いているのは野良犬ばかりではありません。
首輪をしている飼い犬も。
こうして放し飼いで犬を飼っている人が多いのです。

野良犬と放し飼いの犬がご挨拶という光景はあたりまえ。
さらりと挨拶を交わし、お互い去って行きます。
特に一緒に遊んだり駆け回ったりすることも滅多に無いのです。

160911

すべての飼い犬が放し飼いといえばそうではなく、リードに繋がれてお散歩している
犬もよく見かけました。
大体リードに繋がれてお散歩している犬は、ピュアブリード。
今回よく見かけたのは、チワワちゃん。
流行っているのかな。
みんなまだ若いようで、ピョンピョン跳ねながらお散歩していましたよ。


小さなチワワちゃんが一番人気のようでしたが、たまにピットブル系の犬を連れている人、
シャーペイを連れている人もいたな。
とは言っても飼い犬で多いのは、やはり雑種犬。
野良犬から飼い犬になれた犬たち。


首輪をしているので飼い犬だと分かるのですが、行動は野良犬と殆ど変わりません。
みんな好きなように街を歩き回り、好きなときにうちに帰っている様子。

160911

この下の写真の子は、マンマのおうちのご近所さんたちにボビーと呼ばれている野良犬。
去年も同じ場所で会った子です。
野良犬の子たちには自由があるのですが、その分リスクもあります。
病気や事故に遭っても面倒をみてくれる人がいないので短命なのです。
なので、去年会った子に翌年も会えるかといえばそうでもなく、こうして2年連続で
会えるというのは特別な思いがするのです。

160911

ボビーはとっても人懐っこい子。
ボビーと呼ぶと尻尾を振って寄ってきます。
目の前に来て座り込み体を後ろ足で掻くのです。
ノミが体に付いてしまっているのでしょう。。。

160911

体をなでて貰うと目を細めて嬉しそうな顔をするのです。

160911

ボビーはいつもマンマやご近所さんから残飯を貰っています。
野良犬と言うといつもお腹がペコペコかと言えばそうでもなく、残飯をあげてもすべて食べつくさず
自分の食べられる分だけ食べて去っていくのです。






にほんブログ村 犬☆ビションフリーゼ☆ランキング、犬☆海外生活、
FC2&人気ブログランキングに参加しています。



来年もまた会えるといいね、ボビー☆


応援クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村



人気ブログランキング バナー

*******************************


British Red Crossのサイトから日本東北地方太平洋沖地震のための募金が可能です。
こちら→ Red Cross Launches Japan Tsunami Appeal

日本赤十字社はこちら→東北関東大震災 義援金

動物救援募金
(財)日本動物愛護協会でも東北太平洋沖地震の動物救援のための義援金の募集を始めています。
詳細はこちらから→http://www.jspca.or.jp/

セーブ ザ チルドレン
国連に公式承認された子供達のための国際援助団体です。
こちらから→セーブ ザ チルドレン ジャパン
東北関東大震災で被災にあった子供達を救うための義援金募集をしています。

英国のSave the Childrenはこちらから→Japan Emergency appeal
関連記事
スポンサーサイト

南イタリアのワンチャンはとっても自由なのですね。
野良犬のボビー君、名前まであるのに未だに野良犬のままというのはちょっと可哀想な気がしますが人懐っこい性格なので食事にはなんとかありつけている様なので良かったです。
(二年連続会えるのなんてちょっと親近感湧いて来てしまいそうですねぇ。)病気など何かあった際やはり面倒をみる人が居ないので犬を飼っている飼い主としては心配になってしまいますが。。。
イタリアは動物愛護協会(Hunane society)の様な機関はないのですね。街の人も優しいしとりあえず飢え死にすることはなさのうなのでそれは良い事ですね。
お国によって(勿論人によってもそうですけどね)動物に対しての考え方がいろいろと違うのだなって感じました。
2011.09.16 21:07 | URL | PENSUKE #- [edit]
おはようございます

南イタリアには自由犬が沢山なんですね
きっと
昔昔の日本もこんな感じだったのでしょうか
上手に共存してる感じが伝わってきますね
でもでも
病気や怪我が心配ですね

2011.09.16 21:48 | URL | さくか★ #ZK/TaodE [edit]
自転車で往来の人、長閑で閑散とした広場、シエスタ~野良犬・・・思い出します、
去年夏休みに行ったシシリアを~~v-46
小さな島でしたが、そこものらワンコが餌をレストランから、もらったり、
木陰でお昼寝していたり、観光客にもあいそが良くて 自由だな~っと
、こういう生き方もありねv-219とうらやましくなっちゃたv-219
でも、元気なうちはいいけど、長生きできないことにちょっとしんみり^^
元気で生きてね!って、声をかけてあげたくなっちゃう~v-238
2011.09.17 13:43 | URL | ぼたん #6XGrrLw2 [edit]

Pensukeさんへ

自由なのは野良犬ばかりでないのが面白いのです。
飼い犬がブラブラ近所を歩き回っていて、野良犬と交流している姿はイギリスではまず見ません。(笑
ボビーくんは、去年会ったときは人間に対して少し警戒していたのですが、今回はとてもフレンドリーに
なっていたのです。
イタリアにも動物愛護協会や動物保護団体などあるようですが、エリアや団体によりかなり違いがありそうです。
ある保護団体の話ですが、野良犬を保護するまではいいのですが、その後檻に閉じ込めたまま世話をしない団体もいるというニュースを見たこともあるのです。
なので、下手に保護されるよりも今のままの方が幸せだと思うほど。

イタリアでもスイス国境に近いところに住んでいる人の話を聞くと、かなりイギリスの感覚と似ています。
同じ国でも住む場所や人により動物に対する考え方が違っていてとても興味深いですよ。
2011.09.17 16:53 | URL | うのままからPensukeさんへ #- [edit]
さくか★さんへ

こんにちは!
そうそう、昔の日本のような感覚だと思って見ています。

> 上手に共存してる感じが伝わってきますね

南イタリアの人たちは犬が道を歩いていても、食事をしているそばで犬が寝そべっていても
飼い犬にアプローチして来ようとも、過度に気にしないのですよ。
居るのが当たり前なんでしょうね、犬も猫も人間も。

そんな環境なので、野良犬もありかな、こういう生き方もありかなって思うのです。
ただ、病気や事故に遭ってしまったとき、幸運にも救助の手を差し伸べてくれる人間と出会えれば
いいのですが、そうとも限らないですからね。
それが切ないところです。
2011.09.17 16:59 | URL | うのままからさくか★さんへ #- [edit]

ぼたんさんへ

この風景、南イタリアらしいでしょう。(笑
ホリデーで行っているから特別不便さも感じないけれど、シエスタの時間は
お店閉まっちゃいますからね~。
街は閑散としていますよね。

> 小さな島でしたが、そこものらワンコが餌をレストランから、もらったり、
> 木陰でお昼寝していたり、観光客にもあいそが良くて 自由だな~っと
> 、こういう生き方もありねv-219とうらやましくなっちゃたv-219

シシリアも同じですね!
あの犬達を見ているとこういう生き方もありだよね、って思いますよね。
悲壮感が全く無くて、むしろ幸せそうなの。

> でも、元気なうちはいいけど、長生きできないことにちょっとしんみり^^
> 元気で生きてね!って、声をかけてあげたくなっちゃう~v-238

そうなんですよね。
来年もまた会えたらいいなって思うのです。
2011.09.17 17:08 | URL | うのままからぼたんさんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。