Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お留守番時間 & ワンコのご挨拶☆

Posted by うのまま on 07.2012 動物福祉   6 comments   0 trackback
ロンドンは晴れのち曇り。
最高気温は9℃、最低が4℃。



ウノ君といつもの公園でお散歩です。

008_convert_20121107030501.jpg




お昼頃のお散歩は午前のお散歩同様、ドッグウォーカーさんが連れてくる
沢山のワンコたちと一緒になる時間。

061112




イギリス人の多くはワンコに長時間のお留守番をさせません。
それはアニマル ウェルフェア アクトという法律でも定められているように、犬に毎日長時間の
お留守番をさせてはいけないというきまりがあるから。
個体によりお留守番の苦痛度に差があることから、具体的な時間は定められていないけれど、
皆の感じているところは、最長で6時間。
1ヶ月に数回程度なら8時間くらいまでは許容範囲。(ワンコが苦痛に感じていなければ、ですが。)
でもその間もトイレのアクセスは確保されていなければなりません。
そして連日のお留守番であれば、4時間くらいを目安にしているようです。
4時間程度だと孤独を感じず退屈せずトイレの心配もせずに待っていられると考えられているのです。



なのでお昼の時間帯は、8、9時間程度のお留守番ワンコにとって丁度半分の4時間くらいの時間。
犬のオーナーたちの間の「4時間ルール」。
この時間帯に公園に出かけると、ドッグウォーカーさんの連れてくる沢山のワンコと会うのです。

061112




もちろん、公園に出かけているのはドッグウォーカーさんに連れられてくるワンコだけでは
ありません。



お昼時間や、仕事の合間にワンコを連れてくる人たちも多くいます。



公園に着くと早速オールド イングリッシュ シープ ドッグ君とご挨拶。

061112



サイズが違ってもおとこ犬同士。

061112
061112



匂いを嗅いではマーキング!

061_convert_20121107032044.jpg




ワンコを見ていると、犬同士の挨拶は色々です。

061112
「またね!」




気になる相手だとお互いのお尻の匂いを確認したり、
特に気にならない相手ならお互い近寄ることも無くスルー。

061112




ウノ君と一緒に歩いていると、お互い匂いも嗅がず近寄らずスルーしていくのが30%くらい。
ウノ君が相手に興味を持って近寄っていくのがまた30%くらい。
そして残りは相手がウノ君のことが気になって寄ってくる感じ。

061112




本日出会った生後3ヶ月のべラちゃん。
ウノ君と遊びたくて何度もプレイバウでアプローチ。
でもウノ君は全然興味がありません。
プレイバウで近くに寄って来られるたびに、ウゥと言っています。

061112




こう言うとすぐに離れるのですが、またすぐに戻ってくるべラちゃん!
ネバー ギブ アップのコです☆


ウノ君もべラちゃんを嫌いという訳ではなくて、周りでピョンピョンされたり
自分の体に体当たりされそうなほど近寄ってこられるのが嫌なのです。

061112




その様子を見ていたべラちゃんのオーナーさん、べラちゃんの呼び戻しを始めました。
なんと言っても生後3ヶ月、そんなに簡単に戻っていきません。
ウノ君にくっ付いてきてしまうので、ウノ君とその場でオーナーさんが来るのを待つことに。



そしてようやくべラちゃんは御用となりました。
パピーちゃんと一緒に遊ぶのが好きなコもいれば、そうではないコもいることを
知るのも社会勉強の一つです。
みんなこうして色んなタイプのワンコと接しながらおとな犬になっていきます。



さて、べラちゃんとは意気投合しなかったウノ君ですが、好きな相手には積極的。
知っているドッグウォーカーさんとワンコたちを見つけると早歩きで近づいて行きます。

061112




みんなとご挨拶。



これだけ沢山のワンコたちが集まっていても、みんな吠えたり騒いだりすることは
ありません。

061112




穏やかなのです。



しばらく人間の立ち話に付き合った後、ワンコ達はお散歩再開。
みんなと一緒に歩くのが楽しいね♪

061112




こうしているとあっという間に1、2時間過ぎてしまうのです。
お留守番ワンコたち、おうちに帰ったらオーナーさんが帰ってくるまでぐっすりかな☆




クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
関連記事
スポンサーサイト

こんにちは。

早速お邪魔しました。イギリスってワンコにとっても優しい国ですね。
私の思ってた以上でした。こんな所で家のシロと暮らせたらいいだろうな〜と思いました。
皆さんワンコのしつけもシッカリ出来ているんでしょうね。

私の地域だけかもしれませんが、公園連れて行っても、自転車で走ってる人が沢山居て危なくて落ち着いて歩かせられません。ウン◯も片付け無いで帰る人が沢山います。

うの君、いつもこんな綺麗な公園でお散歩出来て羨ましいです。
ワンコも穏やかで、人も穏やかな方が多いのでしょうか?
ワンコのお留守番、驚きです。留守番の出来ないシロにはピッタリな国です。
2012.11.06 23:07 | URL | シロの母さん #- [edit]

シロの母さんへ

こんばんは♪
コメントありがとうございます!

根っからの動物好きの人たちが多いですよ、イギリス。
ただ好きなのではなく、皆動物の習性などの知識をちゃんと持って、接し方も心得ています。
この国の動物達は法によっても保護され人々にも尊重され幸せだと思いますよ。
もちろんしつけもしています♪

どこでもう○ちの放置はありますよね。
ロンドンもそうですよ。
拾わない人は拾いませんから。
う○ちは健康状態が分かるのでどんなに小さくても見て確認したいですけれどね。

この公園は自転車が走るルートが決まっているのですよ。
でもそうは言ってもサインを無視して走る自転車もいます!
いつでも止まれるスピードでゆっくり走ってくれればいいけれど、猛スピードは
犬だけでなく人に対しても危険ですよね。

> ワンコも穏やかで、人も穏やかな方が多いのでしょうか?

公園内に沢山ワンコが集まっていても吠えることが少ないので静かなものですよ。
みんな普段から自由なお散歩をたっぷりしているのでストレスが少ない分、穏やかなワンコが
多いのだと思います。

人も穏やかだと思いますよ。
たまに呼び戻しに時間が掛かって大きな声でワンコの名前を呼ぶ声が
聞こえて来ますが、ワンコを叱りつけるような声は聞くことは殆ど無いです。
ワンコは泥の中に入ったり、池の中に飛び込んだり、ワイルドに遊んでいます。

> ワンコのお留守番、驚きです。留守番の出来ないシロにはピッタリな国です。

驚かれましたか!
ワンコの立場で考えると何もすることが無くて毎日長時間も待っているのは
苦痛なのだと思います。人間ならテレビを見たり、本を読んだり出来ますけれどね。
なので、毎日のお留守番であれば4時間くらいなのかもしれません。
シロ君、お留守番ダメですか。
ウノ君も好きではありません。
人間と居るのが何よりの幸せ犬ですものね。(笑







2012.11.07 20:43 | URL | うのままからシロの母さんへ #- [edit]
こんにちは~!!

ウノ君
男同士の後ろ姿。可愛いね
体が大きくても小さくても
通じるものがあるんだね~~❤

自由を満喫してる
イギリスのワンコ達
でもそれを支えるのは人間のモラルだよね

長時間のお留守番も規制されてるのね
日本は飼う(買う)が簡単過ぎるのかもですね・・・
2012.11.08 04:40 | URL | さくか★ #ZK/TaodE [edit]

さくか★さんへ

こんにちは〜♪
サイズの違いがまた可愛いですよね♡
男同士サイズは関係ありません。(笑

自由とは野放し状態のことでは無いのです。
呼び戻しが出来るからこそオフリードにしてあげられます。
犬に自由を満喫させてあげるために飼い主がトレーニングをします。

お留守番時間だけでなく、お散歩の仕方、トレーニング方法、犬の生活全般に
おいて法律で定められています。
今回はお留守番のお話ですが、今度はまた別のきまりのお話をしたいと思っています。

> 日本は飼う(買う)が簡単過ぎるのかもですね・・・

仰る通り!!
飼える状況ではなくても簡単に買えてしまう、これ大きな問題です。
売る側と買う側、両方に問題があると感じます。
だから結局問題が出て、捨てられるコが後を絶たないのだと思います。
2012.11.08 08:41 | URL | うのままからさくか★さんへ #- [edit]
ロンドンの公園ってワンちゃんが多いな~って思っていました
そんなルールがあったんですね~4時間ですか~
イミュウは今は私が殆ど一緒にいますが小さい頃はいつもお留守番でした
朝晩のトイレだけで普段は家ではしません
ウノ君とっても自由に見えるけどちゃんと守られているんですね~
公園もワンちゃんが多い筈ですね~
こちらではそんなにワンちゃんと会う事ないですもの。
挨拶の仕方もそれぞれですね
うのままさんには今更ながらの事をいつも教えられます。
2012.11.11 06:19 | URL | Coucouのいくこ #- [edit]

Coucouのいくこさんへ

こんばんは♪
ロンドンの公園の犬の多さの秘密は「4時間ルール」です。(笑
イギリスは犬にお留守番をさせるという概念があまりありません。
犬は社会性の高い動物で孤独を嫌うという認識を皆が持っているから。

トイレは殆どのワンコたちが外トイレなので、飼い主達は一日に最低3回は外に連れ出します。
(家に庭があれば回数は減ります。)
4回のワンコも多いのですがそのパターンは、朝、昼、夕方、就寝前です。
庭がないおうちの人は、自分が出かけるたびに外に連れ出す人もいますよ。
犬もずっと家にいるより気分転換になっていいですよね。

ウノ君は一日1、2回。家トイレもあるのでそのパターンです。
ウノ君の場合、お散歩はトイレというより遊びの要素が強いかな。
でもイギリス人はからするととてもレイジー(怠け者)に見られていると思います。
イギリス人は、犬は外でするのが当たり前という意識があるので、トイレ散歩に
労力を惜しみません。
小型犬が増えてきていてもトイレシートを使う人はとっても少数派なのです。
2012.11.11 17:25 | URL | うのままからCoucouのいくこさんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://uno09.blog46.fc2.com/tb.php/735-d813dbf5

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。