Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウノ君のお散歩☆6年前から現在へ☆

Posted by うのまま on 25.2013 ビション☆ウノ君のこと   10 comments   0 trackback
ロンドンは曇りときどき晴れ。
最高気温は8℃、最低が2℃。


本日の写真は数日前に撮影したものです。

241113




お散歩しているウノ君を見てフッと思い出したことがあります。

241113




ワンコはみんなお散歩好き、どんなコもみんなすぐに外の状況になれるから
積極的に外へ出せば大丈夫!!
というような話を聞いたりしますが、残念ながらウノ君の場合そんなに簡単では
ありませんでした。
多くのコがもしかしたら大丈夫なのかも知れませんが、中には怖がって固まってしまう
ようなコも居るのです。



今日はそんなウノ君のお散歩のお話です。

241113




今ではどこへ行こうがどこでも堂々とし落ち着いて歩いているけれど
ウノ君がお散歩を始めた頃から2歳くらいまでの間はこんなわけにはいかなかったのです。

241113




生後3、4ヶ月くらいの頃なんて外の音や匂い人や車など全てのものが初めてのもの。
好奇心も相まってまともに真っ直ぐ歩けるわけがありません。



もちろんウノ君もそう。
静かな公園に向かうのに大通りを歩いて行くのですが、2メートル程幅のある歩道であっても
車の行き交う音、人が早足で歩き去る、ジョギングをする人が前方後方から
容赦なく通り過ぎる、小さなウノ君はそんな場所を歩くことを怖がっていました。



歩道を一緒に歩いて公園に向かおうとするものの、ウノ君はその場で固まってしまうのです。
怖がっているコを無理に引っ張っても余計に恐怖心が強くなってしまうだけなので
いつも抱っこをしたり、バッグの中に入れて公園に行っていました。
公園からの帰り道も同じこと。
たしか生後4ヶ月くらいまで毎日こうしてお散歩していた記憶があります。



生後5ヶ月くらいになると歩道も少し歩くことが出来るようになったものの、
今度はリードを引っ張って歩くのです。
ウノ君の場合は、前方に引っ張るのではなく、いつも壁際に向かって引っ張るのです。
なぜこうするのかというと、歩道の真ん中を歩くことが怖いから。



歩道はジョギングする人、足早で歩く人が横を通り過ぎます。
この恐怖から身を守るためにウノ君が考え出したのが、壁際を歩くことだったよう。
こうすると壁際は人が入り込む隙は無く安全だし反対側にはうのままがいるので
安全だと判断したのでしょう。



こうして壁伝いを歩く日々がしばらく続きました。壁伝いに歩くことは悪いことではないので
好きなだけさせてあげることにしたのです。
難点は体で壁を拭く様なかたちになるので汚れてしまうというところでしょうか。
それでも壁から離れて歩く瞬間というのもあって、一瞬でも出来たら
その一瞬を逃さず褒めるとか、そういうことを毎日していたような。



この頃は殆ど毎日公園散歩。
ウノ君が他の場所を歩こうとしなかったのです。
多分、自信がまだ無かったのかな。

241113




歩道の真ん中も歩けるようになってきた頃、ようやく公園以外の場所にもお散歩したいと
意思表示するようになったのです。
それまではうのままウノ君と新しい場所に行ってもウノ君はそこを歩くことを嫌がり
固まってしまっていました。
なのでウノ君が固まると抱っこでお散歩なのです。



こういうお散歩をしていたので、たまに通り掛りの人に「どうして抱っこなの?」とか
「犬は歩くものだ」とか言われたものです。



ある日には歩道を歩いていたらバスの運転手さんに「言うことを聞かせるには
人間がリーダーにならないといけない」とバスの中から言われたりしたことも。
こんなとにきは英語が話せないジェスチャーを見せて通り過ぎたりしたっけ。



「どうして抱っこか?」と聞かれ、「怖がっているから」と答えても多くの人が???のようで
分かってもらえそうもないときには、「脚が悪いの」と答えたことも!
そう言えば6年前のこの頃はまだ犬服というのも一般的ではなく、ウノ君が服を着ていると
ひどく驚かれたものです。
犬に服は必要ない!!という感じの方が多かったと記憶しています。



一度「犬は歩くものだ」と言ってきた人に対し、色々説明するのも面倒になり
「脚が悪いから」と答えたことがあったのですが、その後その人と再会することがあり、
ウノ君の足のことについて「大丈夫か?」と心配そうに聞かれ脚を理由に
抱っこしていますと話したことをすっかり忘れていたため何のことかと一瞬戸惑ってしまったことが。
ちょっと悪いことしちゃったな、と反省。

241113




お散歩していて怖がることが無くなってきても、抱っこ散歩はしばらく続きます。
抱っこは怖がっているときだけでなく、疲れてきたときにもそうなるから。
ウノ君が公園以外の場所に興味を持ち始めると、今度は延々と街中を歩き続けるようになりました。
自分の興味のある場所へ連れて行ってくれるのはいいのですが、後のことを考えないので
行くだけ行ったものの、帰りは疲れてしまうというパターン。
そうすると足がとぼとぼしてしまい、歩くスピードがかなりダウン。
無理に歩かせるのはかわいそうなので、帰り道は抱っこ。
またはバスに乗って帰るという裏技も。



バスに乗って帰ることを覚えたウノ君は、しばらくの間、行きは自分の好きな遠くの場所まで
歩いて行き、疲れてくるとバス停の前で立ち止まり、「バスに乗って帰ろう!」と訴えるまでに。
ウノ君のお散歩にはバスの定期券が必要だったのです。




ここ数年のウノ君は、自分でちゃんと歩ける程度の丁度いい量のお散歩をしています。
うのままがコースを決めたり時間を決めたりしているわけではないのですが、いい感じで
Uターンし戻ってきています。
たまにバスに乗りたがることもありますが、それはほんのたまに。

241113




ワンコとのお散歩、一見何も考えずに歩き何の工夫もしていないかのように見えるものだけれど
皆それぞれ色んなことを試みていることでしょう。



一筋縄で行かないことばかりで色々試行錯誤する毎日。
今となっては以前のことがなんだかんだ大変だったような気もする反面楽しくもあり
ウノ君と一緒に乗り越えて来たという達成感のようなものもあります。



歩道をリードも張らず歩くこと、初めて歩く場所でも堂々と歩くこと、
自分でお散歩の量を調節し歩くこと、結構色んなことが出来るようになったウノ君なのです。

241113




そうそう、どうしてリードを引っ張って歩くことが良くないのだと思いますか?
見た目が悪いとか、人間がリーダーになっていないからとか、そんなことでは
ありません。



例えばウノ君がリードを引っ張って前へ前へと歩いているところに前方から
他の犬が来たとします。
そうとき、相手の犬から見ると引っ張っている方の犬は興奮しているように見え
恐怖の対象となってしまうのです。
引っ張って歩いている犬の表情、人間でさえ戸惑うような表情をしていますから
犬同士なら尚更驚くことでしょう。
そうすると出会い頭に恐怖のあまりガウガウと威嚇しあったりなんてことにも
なりかねないのです。
落ち着いた状態で対面すれば、そんなことにはならないのです。
だからリードを引っ張って歩くのは良くないと言われている訳です。
他の理由としたら安全面、健康面のためにもね!




クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ



































































関連記事
スポンサーサイト

今までいろいろとご苦労があったんですね。
私が今暮らしている犬を迎えた8年前はほんとに無知で、リーダーにならなきゃいけないと
今考えればひどいことをたくさんしてきました。
あの頃にウノままさんのブログと出会っていれば、うちの子ももっと楽に暮らせたんだろう
なと後悔しきりです。
確か1歳にならない頃に、すぐ真横を後ろから大きなトラックが猛スピードで走っていって以来、
車や人の多いところなど、今でもほとんど歩くことができません。
散歩中に音楽が聞こえてきただけでももうアウトです。
11㌔の子ですから、抱っこ散歩も厳しいですしね。
社会化もうまくさせてあげれなかった上に、オフリードのグレートピレニーズがそばに来た
時大パニックになり、(グレートピレニーズは大人しかったんですよ)それ以来犬もダメ。
そんなわが子を見ていると、こうなったのは私の責任ですから、もちろん最後まで面倒は見
ますし、かけがえのない子なのですが、うちに来なかったら、もっといい犬生を過ごせただろうにと、不憫になってしまいますね。無知であるって怖いですよ。
ウノままさんのように、もっとワンコの気持ちを尊重してあげていればよかったのに、力ずくで克服させようとしていましたから。それが、飼い主としての責任だと思っていましたし、躾だとも思っていましたね。
ウノくんがちゃんと自己主張をして、それを聞いてあげて、相手を尊重した行動をとる・・
みたいな関係ってとても素敵ですし、そんな関係が犬と築けるなんて昔は思ってもみませんでしたね。また、いろんなお話聞かせてください。
2013.11.25 00:04 | URL | sazae #- [edit]
こんばんは!

貴重なお話を読ませてくださって ありがとうございます。
今のウノ君になるまでに うのままさんが 大変な思いをされたんだなって よくわかりました。素敵だな かっこいいなって 思えるワンちゃんは そうなるまでに 飼い主さんが いろんな努力や 工夫を きっとコツコツとされてきた結果なんですよね。
羨ましがるばかりじゃなくて 自分も努力をしなくては とおもいました。
ケビンのトレーナーさんは 感性 ということをよくおっしゃいます。頭で考えすぎるのではなく、感性で犬と付き合う。トレーニングに年齢は関係ない。テリアという犬の特性
いろんなことを 教えていただきます。犬の個性を大事にしつつ 楽しく過ごしていくために 今できること根気よく愛犬と向き合っていこうと改めて思いました。
ペシュもケビンも呼び戻しができるようになりましたよ!
2013.11.25 12:07 | URL | pecchan #2jBCKKWg [edit]

sazaeさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。
そんなに大変だった感じは無いのですが、こうして文章にしてみると色々あったな〜、なんて感じるのです。
当時はなぜウノ君がそういう行動に出るのか考えたりするのが楽しかったので苦ではなかったのですけれどね!
8年前であればまだリーダー云々のトレーニングが主流でしょう。
褒めておやつをあげたりしていながらもしていることは強制だというのは今でも多いですから。
気をつけなくてはいけません。

ワンコって人間が考えているよりずっとデリケートな生き物だと感じます。
人間より嗅覚、聴覚、動体視力が優れているのですからちょっとしたことにも人間が感じる以上に
感じてもなんら不思議ではありません。
それでも怖がらないでいられるのであればかなり度胸のあるコだと思います。
トラックの大きな音、ウノ君もあまりにも大きい音だとビクっと反応しますよ。
私も反応するので、一緒に「怖かったね〜」と顔を見合わせています。
怖がったら無理をさせないことが一番。
怖がらないでいられる場所をお散歩して自信をつけさせてあげると良いかなって思います。
そうしているうちにちょっとの刺激であれば大丈夫になってきますよ。
大きな刺激はどんなワンコも苦手だから無理をすることはないと思います。
sazaeさんのところで暮らしているワンコさんは幸せだと思いますよ。
失敗してしまったこともあったかも知れませんが、それを理解しこれからのことを
考えているのだから素晴らしいと思います。
ワンコさんはそんなsazaeさんの気持ちも敏感に感じ取っていると思います。
これからはワンコさんの気持ちを尊重して寄り添ってあげるようにすれば、彼らは
間違いなくsazaeさんのことを信頼してくれることだと思います。



2013.11.25 21:24 | URL | うのままからsazaeさんへ #- [edit]

pecchanさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。
大して大変な感じはなかったのですよ。
当時はどうしてウノ君がこういう行動をするのかな?とか考えて答えを見つけ出して
改善するにはどうしたらいいのか試行錯誤をするのを楽しんでいましたから。
ワンコたちにも個性がそれぞれあるので、皆それぞれの悩みがありますよね。
ワンコたちとしたら人間の社会なんて驚くことばかりだし馴染めない習慣だって多いだろうし
いっぱい我慢して暮らしているのだと思いますよ。
人間ばかりが大変ではない筈です。
なのでたまに言うくらいのお願いごとは聞いてあげるようにしています。
彼らのお願いごとって些細なことばかりですから。
お散歩でもあっちへ行きたいとか、おやつが食べたいとか、そんな程度ですものね。

ケビン君のトレーナーさん、良い感じですね!安心しました。
私も感性大事だと思います。
そして愛犬をとことん観察すること。
分からなければとにかく愛犬を観る。
答えは彼らが持っています。



2013.11.25 21:42 | URL | うのままから pecchanさんへ #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.12.13 18:07 | | # [edit]
鍵コメさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。

ロンドンは日に日に寒さが増していますが、お陰さまで皆元気にしています!

ウノ君今でも繊細なところは変わらないので毎日無理をさせないように怖い思いをさせないように
気遣いながらお散歩なのですよ。でも神経質になりながらお散歩している訳ではないですよ。(笑)
わんちゃんは人間が思っているよりずっとデリケートなところがあるのだと感じます。

人間はどうしても人の目を気にして他人の望む行動をとり、わんちゃんの気持ちを無視したりわんちゃんが嫌がる行動をとってしまうことがあります。
でもどうしてそんなことをしないといけないのでしょう。
他人はわんちゃんの飼い主ではありません。
わんちゃんを守れるのは飼い主さんだけなのに、他人によく見られるために自分のわんちゃんの心を傷つける必要があるのでしょうか。
犬と接するのには犬目線。
彼らが本当に望むことを出来る限り聞いてあげる、それが私たち人間に出来ること。
わんちゃんの望むことを聞いてあげてもわがままになったりしませんよ、大丈夫。
以外と彼らってのんびり過ごすことが好きなのですよ、周辺の匂い嗅ぎをして歩いたり
外でまったり過ごしたり。
野良犬たちは激しく絡み合ったり、追いかけっこしたり、そういうことって普段しないものです。
人間に飼われているワンコだけ激しく遊ぶというのはそれだけ彼らに何かしらの負担を掛けているから
だと思います。

新たなスタートですね!
上手く行かないこともあるかもしれませんが、そういう日もあるものです。
焦らずのんびりと♪
わんちゃんとご家族の幸せを心から願っています!!





2013.12.14 20:55 | URL | うのままから鍵コメさんへ #- [edit]
うのままさん、もうクリスマスです☆
お元気ですか?
日本に帰ってきて二年経ちました。
まっちゃんとろっちゃんと一緒にイギリスの公園を
オフリードでお散歩したい、そればかり考えます。
日も短くなってお散歩も大変でしょうけれど
気をつけてお過ごしくださいね。
またね!
2013.12.24 13:47 | URL | まっちゃんママ #l5rC0xxY [edit]
あけましておめでとうございますなの
そうですなのね・・・

お散歩も 色々ですなの・・・

今年も うのしゃまのごぺーすでの まったりライフ お楽しみにしておりますなの

ちなみににあは お帰り道は疲れてだっこをせがみますなのね

わんこも本当に色々ですなの
2014.01.02 11:15 | URL | にあ #- [edit]

まっちゃんママさんへ

明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ようやくback to nomalでブログを再開したところです。
まっちゃんファミリーが日本に帰国されて2年ですか!
私もミニシュナちゃんたちを公園で見るたびにまっちゃんとろっちゃんの姿を
想像してしまいます。
リードがあるお散歩で満足できていたとしてもオフリードになって自由にお友達と
交流したり、たまには走ってみたり、そういう時間もやはり必要ですよね。
イギリスの犬達を見ているとそう感じます。
最近少し日がのびて4時でも真っ暗ではないですよ。
でも今冬は恐ろしいほど雨が降ります。
その降りかたは尋常ではありません!
なのでお散歩に出られない日もあるくらい。
びっくりでしょう!

2014.01.05 19:53 | URL | うのままからまっちゃんママさんへ #- [edit]

にあさんへ

あけましておめでとうございます!
コメントありがとうございます。

お散歩も色々ですよね。

すっかりまったりペースになりすぎてブログが遠のいてしまっていましたが
またぼちぼちはじめていこうと思っています。
今年もよろしくお願いします。

にあちゃんは帰り道は抱っこなのね♪
ちなみに今日のウノ君は帰り道はバスでした。(笑)
2014.01.05 19:56 | URL | うのままからにあさんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://uno09.blog46.fc2.com/tb.php/813-531e6cbc

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。