Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィス ドッグ☆デビュー

Posted by うのまま on 10.2014 ロンドンワンコ事情   6 comments   0 trackback
ロンドンは雨のち晴れ。
最高気温は22℃、最低が13℃。

100814




先日ウノ君、オフィス ドッグ デビューしました。
うのぱぱが1週間程長くイタリアに滞在していたので、ミラさんに4日間延長でウノ君
預かって貰っていたのですが、後半の3日間はミラさんが忙しいこともあり、
ウノ君はお家で過ごす予定となったのです。
うのままが家に居ればいいのですが、日中仕事のためウノ君は一日10時間以上のお留守番。
そんな話を会社でしたことから、月曜日の一日、ウノ君オフィス ドッグになることとなったのです。
オフィス ドッグって聞きなれない言葉かも知れませんが、スタッフが自分の飼い犬を職場に連れて行くこと、
これ自体イギリスではそんなに珍しく特別なことではないのです。



月曜日の朝、いつもならウノ君はお留守番のため、おやつを入れたコングの用意をうのまま
するのですが、この日はおやつの代わりにウノ君用のキャリーバッグを床に置きました。



ウノ君は、「あれ?」というような表情をしながらも、喜んでバッグの中に入ります。
そして一緒に車に乗って出勤です。
車の中で嬉しそうな表情のウノ君

100814




オフィスに向かいドアを開け、ウノ君のリードを外します。
みんなが笑顔で迎えてくれたので、ウノ君も喜んで皆にご挨拶。
尻尾フリフリご機嫌で体を撫でて貰っています。



しばらく興奮していたけれど、数分後には落ち着き、うのままのデスクの下に置いたバッグの中で
寛ぎ始めました。ウノ君が少しでも快適に過ごせるためにバッグとバッグの横に布を敷き、
どちらで寝ても良いように寝床を整えました。

100814




さて朝のミーティングが始まりました。ミーティング中には、皆の足元に座り、体を撫でてもらったり、
寛いだり、好きなようにしているウノ君。まだ心なしか少し落ち着かない様子。



それでもしばらくするとオフィスの雰囲気には馴染んだ様子で、電話が鳴ろうと、来客があろうと、
同僚達が動き回っていようと大して気にすることもなく、寛ぎ続けるウノ君



たまにウノ君が起き上がってオフィス内を歩くと、
「あぁそういえば今日は君が居たんだよね!静かにしているからすっかり君が居ることを忘れていたよ」と
皆に言われるほどウノ君は静かだったのです。
中には、「こんなにお行儀がいいワンコは初めて会ったわ」と言ってくれる人も。
おそらくウノ君はオフィスにまだ慣れていないから遠慮していることはあったかと思われますが、それにしても、
うのままも驚くほどウノ君はその場の空気を読んでいるかのように行動していたのです。
行動と言っても殆ど寝ていたのですが。



ウノ君のオフィス ドッグとしての一日は、午前はオフィス内で過ごし、ランチの時間にご近所散歩で
トイレを済ませ、途中、うのままの外出予定の時間には、その時間に合わせ近所のグルーミングサロンに
ウノ君のお手入れをお願いし、数時間後に迎えに行き、またオフィスに戻るという一日。

100814
ご近所トイレ散歩でニャンコさんと遭遇。




今回、ウノ君うのままの外出中にどういう反応を見せるか未知の世界であったため、
グルーミング サロンの予約を入れたのですが、今回のウノ君の様子から判断すると、
オフィス内に人が居れば、どうやらウノ君うのままがその場に居なくても大丈夫そうなのです。
もしまたオフィス ドッグになる機会があり、そのときにうのままの外出予定があったとしても、ウノ君
オフィスで騒いだりせずお留守番が出来そうな気がします。

100814




ウノ君のオフィス ドッグぶりはなかなか立派だったのですが、一番感心したのは、同僚達の対応です。
同僚たちは揃いも揃い、皆動物好き!
オフィスに犬が居るとなれば、みんな気になって声を掛けたり、触ったりするのだろうと推測していたのですが
実際は、ウノ君がそばに寄っていかなければ、むやみに声も掛けないし、触ったりもしないのです。
寝ているウノ君の様子を離れたところからそっと見ていたりする程度。
ウノ君が起き上がって、そばに寄っていくと、体を撫でたり、声を掛けたりするのです。
だからウノ君もオフィス内で安心して過ごすことが出来たのでしょう。



イギリスのオフィスでは、オフィス ドッグをしているワンコをたまに見かけます。
やはり皆のんびりと穏やかに過ごしています。
もちろんリードは付いていなく、来客があっても出てくるときもあれば、出て来ないときもありという
のんびりした様子。



ワンコが居る職場、皆の表情が穏やかなのは言うまでもありません☆



クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ



































関連記事
スポンサーサイト

おはようございます!

ウノ君 オフィスドッグ✩デビュー大成功 おめでとうございます(^O^)
さすがですね。おうちに10時間のお留守番は心配ですものね。

オフィスの方々も さすが犬との付き合い方を心得ていらっしゃる。
今のトレーナーさんに 教わったのです。犬を擬人化してはいけない。触りすぎたり構いすぎてはいけないのですね。以前は家の中を走り回っていたペ&ケ 今は家の中ではまったりです

先日 ご近所で 初めて ビジョンブリーぜに会いましたよ 思わずウノ君だ!って叫びそうになりました(^O^)
2014.08.12 01:26 | URL | pecchan #2jBCKKWg [edit]
オフィスドッグレポート楽しみにしていました!
オフィスに犬を連れて行こう、というキャンペーンの日が時々ありますよね。
ウノ君なら行ける!と思っていました。
キャンペーンの日でなくても受け入れてくれた会社も素敵☆株が上がっちゃいます。
それに周りの方の反応もいいですねえ。
ウノ君も安心して過ごせたことでしょう。

久しぶりのサロンでのトリミングも気分転換になったかな。

今はぱぱが戻ってきてまたおうちでのんびり?
素敵な夏休み+アルファでしたね♪
2014.08.12 21:41 | URL | まっちゃんママ #l5rC0xxY [edit]

pecchanさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。

オフィス ドッグの一日体験でしたが、私の想像よりも遥かにウノ君は落ち着いていました。
夏場でなければ一日のお留守番であれば大丈夫だったのですが、夏場であることプラス休暇明けで
賑やかだったミラさんのところから、突如一人ぼっちの世界になってしまうのは
可哀想かなと思ったのです。
同僚達も動物の対応は慣れているので、ウノ君も安心してお昼寝もでき、快適に過ごしていたようです。
ペケちゃんたちもおうちでまったり♪それが出来ればお散歩でものんびりと歩けるようになれる日も
近そうですね!
2014.08.13 20:04 | URL | うのままからPecchanさんへ #- [edit]

まっちゃんママさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。

イタリア旅行記の前に、体験記を先にアップしました。(笑)
そうそう、オフィスドッグのキャンペーンの日、ありますよね!
そういう日以外でも、結構看板犬とか同伴犬とか、お店やオフィスにワンコって居ますよね。
会社も当たり前のことのようにウノ君を受け入れてくれましたよ。
弱い立場の動物に優しい会社であるというのは安心感が違います!
一日体験でしたが、想像していたよりもウノ君も全然落ち着いて過ごしていましたよ!
同僚達が構い過ぎたりせず、ウノ君の好きにさせてくれていたので、ウノ君も安心して
お昼寝出来たようです。

久しぶりのサロン、ウノ君はイマイチだったことでしょう。
でも私の外出中のことが心配だったのと、休暇後のお手入れもしなくてはいけなかったのと
たまにはプロの手を借りたい箇所もあったので、いくつかの理由からサロンに予約を入れたのです。
ウノ君はストレスであったと思われますが、一度くらいなら許してくれるかな?!

今はうのぱぱがいるのでお家でのんびりです。
オフィスのみんなには、「ウノ君また連れて来て!」とリクエストされています。
2014.08.13 20:22 | URL | うのままからまっちゃんママさんへ #- [edit]
うのママさん コンニチワン!
楽しいバカンスを過ごされたのですね~
うの君のオフィスデビューおめでとうございます!(*^_^*)
いやいや、日本とはレベルが違いますね。
電車やバスにも乗れない、店にも入れないレベルですから・・・
あ、公園でも犬がダメなところもあった。。。あはは

100年たっても日本は無理かな~なんて悲観的な私です。
動物愛護に対する考えが、根本から違うような気がして。
それはオフィスの同僚の方達の態度。
愛犬家は今後もっと進歩的になるかもしれないけど
一般市民への啓蒙や教育がイギリスのように深まるとは思えないです。
2014.08.24 02:46 | URL | ハナオンマ #- [edit]

ハナオンマさんへ

コンニチワン!
コメント有り難うございます。
ウノ君のオフィスデビュー、私が想像していた以上の結果となりましたよ。
それはやはり同僚達の対応の良さにあったと思っています。
ウノ君は興奮性が高いこともあるので、やたらと声を掛けられたりすると
ソワソワしてしまったと思うのです。
確かにイギリスと日本では根本的なところが異なっていると感じています。
動物愛護って動物のことをまず理解し、彼らの生きやすい住みやすい環境を与えるってことでは
ないのでしょうか。
イギリスは一般的に犬という動物への理解が深いと感じます。
もちろん色々な問題はありますが。
今も日本は残念ながらペットショップで簡単に犬が買える状態です。
犬のことを知らなくても衝動的に命の買い物が出来ます。
人間本位です。

> 愛犬家は今後もっと進歩的になるかもしれないけど
> 一般市民への啓蒙や教育がイギリスのように深まるとは思えないです。

悲しいけれど、この状態のままで行ったら、愛犬家と一般市民の意識の差がかけ離れていくだけなのかも知れませんね。
2014.08.25 10:04 | URL | うのままからハナオンマさんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://uno09.blog46.fc2.com/tb.php/835-c68d942b

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。