Loading…

スポンサーサイト

Posted by うのまま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8歳のお誕生日、そして治療のこと

Posted by うのまま on 03.2015 健康のこと   8 comments   0 trackback
すっかりご無沙汰してしまっておりましたが、久しぶりの更新です!
ウノ君共々皆元気にしています。


イースター休暇に入ったグッド フライデーの今日、ロンドンは雨。
最高気温は12℃、最低気温は7度です。


あまりにも久しぶりなので、何から書いたらいいのやら、という感じですが。
先月の1日、ウノ君8歳になりました。


030415


8歳のウノ君、毎日お散歩を楽しみ、食欲旺盛!
3歳の頃から比べても、それ程変わったところはありません。


030415



とは言っても年を重ねることで避けられない現象も出てくるわけで、お誕生日の翌々日、獣医さんで2つ治療を
してもらいました。



本日の記事は、2つの治療の備忘録です。
注)治療後の写真があります。



一つは、歯石取り。
ウノ君は比較的丈夫で綺麗な歯を持ったコですが、奥歯の歯石が溜まってきていたので、クリーニングをして
貰うことにしたのです。



二つ目は、背中に出来たにきびのようなものを切除。
人間のにきびのようなものだそうですが、最近大きさがグリーンピース大にまで成長していたので、獣医さんに
相談したところ、自然と破裂するまで放っておいてもいいけれど、破裂したときに黴菌が入り炎症を起こすこともあると。
もしうのまま達が休暇で出かけているようなときに破裂してしまってもいけないので、病院で切除することにしたのです。



今回歯石取りで全身麻酔をするので、同時に治療をすれば何度も痛い思いをしなくてもいいしね。



実は歯石取りをしてもらうのは、あんまり気が乗らなく、いつも後回しにしてきていたのです。
歯石取りをした方がいいのは頭では分かっていても、全身麻酔というのがどうしても心のどこかに引っ掛かり
治療を延ばし延ばしにしていたのです。



でも最近、にきびのようなものが目に見えて大きくなって、ようやく治療をする決心がついたのです。
いつかすることなら、まだ若いうちの方が麻酔のリスクも低いことでしょうし、覚悟を決めて挑んだのです。
大げさに聞こえるかもしれませんが、もしものことを考えると、治療の前日は眠った気もしないほど
心配で溜まりませんでした。



いよいよ治療の当日、午前9時半に獣医さんに連れて行き、治療の説明と麻酔を受けるための同意書に
署名し、ウノ君を獣医さんに託しました。



獣医さんがウノ君を抱っこしようと手を伸ばすと、ウノ君は何か良からぬ事が起こると察知し、うのまま
腕にしがみつくようなしぐさを見せたのです。
それを見た獣医さんは、ウノ君を安心させるようにやさしく抱き上げ、ウノ君を連れて行きました。



麻酔を打つ前に血液検査で体に問題が無いかチェックをし、その後麻酔をし治療に入るとのこと、
実際に治療に入るのは午後12時から。
それから歯石取りとにきびのようなもののの切除で治療が終わるのは午後2時。
ウノ君のお迎えは午後4時頃だろうとのこと。



病院から家に戻り、家の掃除をしたり気を紛らわせていたものの、やはり心配!
獣医さんからの電話が来るまでどれだけ時間が長く感じたことか。



午後4時頃、携帯が鳴りました。
獣医さんからの電話だと確認し電話に出ると、「ウノ君の治療が無事に終わりました。」と獣医さん。
安堵で涙がこぼれました。



急いで獣医さんに向かい、受付で待っていると、獣医さんがウノ君を抱っこして出て来てくれました。
ウノ君、目がうつろながらも尻尾をフリフリし喜んでくれました。
うのままが抱き上げると、まるで「僕色々大変だったんだよ」と文句でも言っているかのように
クーンクーンと何度もうのままに向かって訴えていました。



病院を出る前に、獣医さんから諸説明。
内容は麻酔が覚めるまでの時間の過ごし方、お薬は何もあげる必要のないこと、
抜糸の時期等、そしてウノ君らしいエピソードが獣医さんの口から一つ。



ウノ君、さっきご飯を少し食べたので、今晩はご飯は欲しがらないかもしれません」と獣医さん。
ウノ君、意識が朦朧としながらも、食欲はあった模様。
慣れない場所ながら、ご飯を食べていたとは、なんともたくましい。



麻酔のため、前日の午後9時半ころから何も食べさせていなかったらお腹がすいていたのでしょう。
たくましいウノ君の様子を聞いて、安心したのは言うまでもありません。



獣医さんから戻ったウノ君、ぐったりとしたままベッドの中で殆ど動きません。
病院でとってもおりこうにしていたと獣医さん談もあったので、ウノ君なりに気を遣って疲れたのでしょう。
一体何が起こるのか分からなくて不安だっただろうし、ウノ君本当に良く頑張りました。
その日は麻酔からさめる時は体が寒く感じるだろうと、タオルを体に掛けてあげたりしてゆっくりと休ませていました。


030415


翌日はご飯も少量ながらも食べ、トイレも済ませ、ほぼ普通通りのウノ君
にきびのようなものを切除し、縫って貰った箇所に、大判の絆創膏が貼られていたのですが、
それも殆ど気にする様子もありません。



3日後の再診までの間、絆創膏をはがすことなく過ごしたウノ君
診察では経過も良好だとのことで、絆創膏を取ってもらって帰ってきました。



治療から3日後、まだまだ傷が痛々しい。

030415



そして治療から2週間後、抜糸。
再診の日もこの日も、うのぱぱに連れて行ってもらいました。

030415


こうしてようやく普段の生活に戻ったウノ君
治療も無事終わり、傷跡も綺麗になって、治療のあとは気にならないけれど、
一つ気になっていることが!
何が気になっているというと、治療の際に剃られた毛の箇所、それが四角くて結構気になる。
2ヶ月もすれば元に戻るからどうってことはないのだけれど、なんだか寒々しいね。



治療から丁度一ヶ月経過した今、ウノ君は以前と変わらず元気に毎日お散歩に励んでいます。

030415


公園の桜も咲き始め、気持ちのよくお散歩を楽しめる季節となってきています。

030415


ウノ君の8歳のスタートはウノ君にとってちょっと大変なスタートでしたが、元気で楽しい毎日が過ごせる
年でありますように。


030414


そしてうのままたちもしっかりウノ君をサポートしていきますよ☆



クリックいつもありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ   にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ























関連記事
スポンサーサイト

うのままさん&ウノ君。久しぶりの更新嬉しいです~
時々のぞいていたのですが、ずっと更新がされていなくて
ちょっと心配していたんですよ。
ブログのお友だち、去年から悲しい知らせが続いていて
もしかしてウノ君に何かあったのかな?等と
変な心配までしてしまった私。
元気で過ごしていたの事、何よりです(*^▽^*)ノ

おできは小さいときのほうが傷も小さいし、今やって正解でしたね。
手術としてはおそらく簡単なものでしょうから
きっとすぐにキレイになりますよ。

歯石!ハナも同じく8歳で毎日歯磨きをしていても
裏側とか奥の歯が黒っぽくて気になっています。
ずいぶん昔無麻酔の歯石除去をしたけれど
おそらく犬にとって恐怖だろうと思い、
もし今後するなら麻酔下でハナが知らないうちにキレイにしてあげたい。
でも歯石だけのために全身麻酔をするのも・・・
(歯石は殆どないと思われるので)慎重になっています。

あるブロ友さん、シニアになった愛犬を定期的に歯石除去してたんです。
私が麻酔が怖い~って書いたら、歯周病のほうがもっと怖ろしいって。
リスクを量りにかけたら麻酔事故より歯周病で歯を失う方が大きいって。
なるほどな~と納得したけど、今はまだ考え中です。
去年から発作を起こすようになったので、保留といったところです。
2015.04.06 12:39 | URL | ハナオンマ #- [edit]
ハナオンマさんへ

こんにちは!
ご無沙汰してしまっていてごめんなさいー。
それにご心配もおかけしてしまいました、ウノ君もお陰さまで元気にしています。
ブログが更新されていないので、もしかしたら心配してくださっている方もいっらっしゃるかと思い
重い腰をようやく上げての更新です。i-229
サボり癖がついてしまうといけませんね、時間があっても手をつけなくなってしまいます。i-232
でもこうしてブログを始めてみると、なんだか冬眠からようやく覚めたような気持ちです!?

おできの切除の跡は、ほぼ綺麗になっています。あとは毛が生え揃うのを待つばかり。
手術と言っても表面的なものだったので、傷の治りも早いです。
術後も階段を上ったり、ベッドやソファから普通にジャンプしたりしていましたよ。
ウノ君、殆ど気にせずに過ごしていました。

ハナちゃんもやはり奥歯ですか、でも歯石が無いのは素晴らしい。
ハナオンマさんは凄いですね、ちゃんと毎日磨いているのですね。
見習わないと!

ウノ君1年に一度無麻酔の歯石取りをしてもらっていて、でもこれは奥歯までは出来ないから表面だけ
軽くクリーニングする程度。
奥歯の汚れは年々気になるようになってきたので、今回おできのこともあり意を決して麻酔での治療をしてもらおうという事になったのです。
もしそうでなければ、治療をするか否かずっと迷っていたと思います。

ハナちゃんの場合、体のことがあるから麻酔を掛けてのクリーニングには慎重になりますよね。
麻酔はリスクは低いといってもリスクはありますから。
歯周病も怖いですが、麻酔も怖いですよね。

ウノ君の場合は、ここ半年ほど獣医さんから早めに歯石除去をするよう勧められていたのです。
おそらく歯周病の危険性もあったのかもしれません。
でもなかなか気持ちが麻酔の恐怖から抜け出せず、しかもウノ君の体調やら私達の都合やらと
タイミングも合わなくて、半年掛かってようやく治療となった訳なのです。
2015.04.06 15:24 | URL | うのままからハナオンマさんへ #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.08 08:25 | | # [edit]
鍵コメさん

コメントありがとうございます。
ウノ君のお誕生日お祝いメセージもありがとうございます!

歯石取りと言っても人間と違い全身麻酔なので、簡単に決断することができずにいたのですが
今回他の治療もしなくてはいけない状況でしたので、獣医さんに同時に治療できるか聞いてみたのです。
体の負担が大きければ止めようと思ったのですが、
どちらも治療としては簡単なものなので、同時治療も全く問題なしでした。

やはりウノ君の剃られた毛の部分、びっくりしますよねー。
私も巨大な絆創膏を見てまず驚き、その後絆創膏が剥がされてから、剃られた毛を見て更に驚きました。
傷ももっと小さいものを想像していましたから。
でも傷はあっという間に綺麗になり、今はかさぶたも取れ、何にも跡は残っていないのですよ。

お散歩に出かけるとお散歩仲間に「ウノ君、毛どうしたの?」っていつも聞かれます。(笑)
そうそう、ウノ君も足の付け根も毛を剃られているのでちょっとドラムスティックみたいです。

2015.04.08 19:43 | URL | うのままから鍵コメさんへ #- [edit]
ご無沙汰してます。うの君 お誕生日おめでとうございます \(^o^)/
シロも歯石が結構付いてたんですが母さんがカリカリこすって取りましたが
素人には綺麗に取れず、残ってます。母さんも全身麻酔が怖くてね。
でも今の所 取らなくても大丈夫位なのでこれ以上付かないように一生懸命ケア
しています。シロには嫌がられますが・・・。
うの君の傷、痛々しいですね。でも綺麗に取れたみたいで良かったです。
シロにもニキビ見たいのが結構出てきましたが大きくならない内は大丈夫って
言われていつもチェックしてますが 大きくなってません。
シロも10才になり色んな場面で年を感じる事があります。
うの君! いつまでも元気で素敵なロンドンの生活エンジョイしてください。
長々と失礼いたしました m(_ _)m
2015.04.09 00:08 | URL | シロの母さん #- [edit]
シロの母さんへ

こんばんは!
ご無沙汰してしまっています。
お祝いメッセージありがとうございます!
シロ君に可愛い小鳥のお友達が出来たのですねー💓

シロの母さん、カリカリとこすって取っているのですね。
全身麻酔は怖いですよね。絶対大丈夫ということはないので。
私も器用だったら良いのですが、私が挑戦したら歯や歯茎を傷つけそうで怖いです。
シロの母さん、手先が器用で羨ましいです。

シロ君もにきびみたいなもの出来ているのですね。
年をとってくると出やすいコがいるようです。ウノ君もどうやらそのひとり。
あまり大きくならなければ、様子を見ているだけで大丈夫だと聞きますよね。
でも何が原因なのでしょう、今後何か対策がないか勉強しなくちゃ。

シロ君10歳なのですよねー。体の変化はあると思いますが、
愛らしいところは何歳になっても変わらないですし、年々愛おしさが増してきますよね♪
2015.04.09 20:23 | URL | うのままからシロの母さんへ #- [edit]
ウノくんもウノパパさんウノママさんもお元気そうでなによりです^^
お気に入りに入れてあるわんこやにゃんこのブログをのぞくのが
日課なんですが、どうされたのだろうなーちょっと心配していたんですが
またこうして読ませていただけてうれしいです。
遅ればせながら、ウノくんお誕生日おめでとうございます♪
そちらはお天気がよさそうでお散歩にも気持ちいいですね〜
こちら大阪は、今年は雨が多くて・・・
青空バックの桜の花の写真なんて結局1枚も撮れませんでした。
ところで、いまはウノくんひと安心といったところなんでしょうか?
傷口が痛々しいけれど、この部分だったらお洋服で隠せるし、
なによりなめられない部分だからまだよかったかもしれませんね。
もちろん、わんこの体のどこの部分でも心配は心配なんですが^^;
ウノくん、よくがんばりました!
うちも先月で10歳。7歳過ぎたあたりから、病院の先生にシニアに
なったからいろんな症状が出てくるので・・・と言われていました。
ウノくんは背中でしたが、うちのアッシュは歯茎の唇側にできものが
できて、暴れるようなら全身麻酔で、と言われながらも病院の
スタッフにがしっとされて観念したのか、局部麻酔だけでぷちっと
取ってもらえました。取ったものを検査したら悪性ではなかったので
(というか悪性良性になる前のもの)まずはやれやれでしたよ。
歯石も、今まで3歳半の時と7歳9ヶ月の時の2回取りました。
そろそろ生涯最後の歯石取りも考えないと(その口のできものを
取るのに全身麻酔の必要が出てきたら同時にお願いしてたのですが
局部麻酔だったので今回はパスしました)ガムを食べても、着古した
Tシャツを切ったおもちゃを咬んでも、奥歯より前歯の裏とか
犬歯とかの汚れは、なかなか取れませんしね〜。
毎日したほうがいいとわかってても歯磨きもほんのたまにだし^^;

久しぶりなので、長々とコメントしてごめんなさい。
また遊びにきますね^^
2015.04.13 13:26 | URL | あっしゅのばあや #- [edit]

あっしゅのばあやさんへ

こんばんは!
コメントとウノ君にメッセージありがとうございます。
こちらこそご無沙汰してしまっていてごめんなさい!こうしてまたコメントをいただけて
とっても嬉しく思います。
こちらは晴天が続いていますよ。今日の気温はなんと23℃、明日は24℃まで行くとか。
私は日中ノースリーブでしたよ、もう夏。(笑)
日本は雨が多そうですね。桜の季節に雨だと楽しさ半減ですよねー。
やはりシニアに入ると色々ありますね。
背中のできものだったので、術後も本犬あまり気にせずに過ごしていました。
でも頑張れば舐められる場所だったので、抜糸まで服を着せていましたよ。
あっしゅさんは局部麻酔で頑張ったのですか。
偉いですね!!
しかも唇のあたりだと治療難しいですよね。
ウノ君には無理そう。
自分の見える範囲の治療はとっても怖いみたいです。
歯石取り、楽ではないですよね、ワンコにとって。
なるべく歯磨きやガムでなんとか防ぎたいのですが、なかなか難しいところですよねー。
私もお邪魔させていただきますね♪♪


2015.04.14 20:08 | URL | うのままからあっしゅのばあやさんへ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://uno09.blog46.fc2.com/tb.php/838-6c7970fb

プロフィール

うのまま

Author:うのまま
ビションフリーゼ
名前:ウノ
誕生日:2007年3月1日
出生地:ロンドン
とっても甘えん坊な男の子

ウノ君は、いくつになったの?

ウノ君のポートレート♡

ペット人間化メーカー

クリックから世界が変わる

☆毎日無料でできるいいこと☆

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ

Unoの楽園カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

にほんブログ村 ビションフリーゼ

にほんブログ村 犬 海外生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

blogram

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。